ハウリンの雑念だらけで生きている

はてなカスタマイズや旅行記、好きな事(サブカル)などを書いていきたいです。ゆるゆると書いていきます。

バンコクの超お勧め!絶品【クイッティアオ】の有名店【ルンルアン】


スポンサーリンク

f:id:twistinhaurin:20210420143615j:plain

こんにちは、ハウリンです。

バンコクには美味しい屋台料理が沢山あります。

今回は、バンコクに住んでいた頃よくお世話になっていた

クイッティアオ専門店を紹介したいと思います。

セレブも通う店としても有名な

ルンルアン

です(*^^*)

 

 

 

ルンルアンとは

★1965年開業

★ミシュランの「ビブグルマン」にも選出された有名店。

★スクンビットのプロンポン駅近く、ソイ26にあります。

★見た目は普通の街の古びた食堂な感じ。

★早く行かないと満席でなかなか座れないです(相席当たり前)

 

クイッティアオとは

★米の麺を使ったタイ風ラーメン。

★麺の種類は何種類からか選べ、透明のスープとトムヤム味がある。

★トッピングはいろいろあり、フィッシュボール・さつま揚げ・ねぎ・豚肉などなど。

 

 ルンルアンはスクンビット地区にあり

BTSプロンポン駅から歩いて5分位の所にあります。

ソイ26を進んでいくと通り沿いに見えてきます。

隣に似てる店があるので間違いそうになりますが

角がルンルアン(隣は姉妹店?)

読めないけど金色の文字に赤い看板が目印。

f:id:twistinhaurin:20210419215052p:plain

タイ国政府観光庁より


店先では店員さんが忙しく料理作ってます。

f:id:twistinhaurin:20210419215304p:plain

タイ国政府観光庁より

私はいつも混むと嫌なので11:30までには行ってたんですが

すでに混んでます(;'∀')

写真暗くてすいません。 

f:id:twistinhaurin:20210419163532j:plain

 

横から見るとこんな感じ。

けして小奇麗な店には見えませんが(すいません)

店内はちゃんと清潔感あります。

お店が狭そうに見えますが、店の奥にも座る所沢山あります。

f:id:twistinhaurin:20210420152907p:plain

 

麺は

センミー(超細麺)、

センレック(細麺)、

センヤイ(太麺)、

バミー(たまご麺・中華麺)、

ウンセン(春雨)、

キアムイー(米麺の太麺)

から選べ、スープも具も選ぶことが出来ます。

具がわからなければ店先のショーケースの中指さして

これとこれと・・・とやれば大丈夫。

f:id:twistinhaurin:20210419163937j:plain

私はをバミーが好きなので

バミーナーム(汁有り)とバミーヘン(汁無し) の2つをいつも頼んでました。

具について何も要求しないと適当に入れてくれるんですが

よく分からない物入ってますね。

食べますが(^_^;)

調べてみたら、今はちゃんとメニュー表が用意されてますね!

分かりやすい!

 

テーブルには調味料(クルーン・プルン)が置いてあるので好みで入れます。

ナンプラー、お酢、粉唐辛子、砂糖。

だいたいこの4種類が置いてあります。 

ルンルアンではクルミを砕いた物とライムのしぼり汁も置いてあった様な・・・

f:id:twistinhaurin:20210419163020j:plain

砂糖って!

と思いますがこの4種類を絶妙な配合で入れると

美味さ倍増です✨✨✨

砂糖に抵抗があるかもしれませんが

ここは思い切って入れてみて下さい(*^^*) 

 

いつも混んでるルンルアンなので

知らないタイ人と相席は当たり前です。

⇩この時の相席は多分タイ人の男の人だったんですが

トムヤムの辛そうなの食べてました。 

f:id:twistinhaurin:20210419163536j:plain

コーラがよく合う! 

 

値段はこの頃は30バーツか35バーツだったと思いますが、

今は50バーツするみたいですね。

 

けっこう早い時間から営業してます。 

営業時間 8;00 〜17:00 

 

https://www.facebook.com/Rungruengnoodles26

 

スクンビット、ソイ26は男の誘惑を誘うようなお店がけっこう多い場所。

とはいえ、昼間は何てことない普通の道なので

女1人でも全然大丈夫です。

日本人が多く住むエリアなので、

しょっちゅう日本人とすれ違います。

そんな場所にある絶品クイッティアオを是非食べに行って下さい。

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。