ハウリンの雑念だらけで生きている

ゆるゆると書いていきます

夏の京都、叡山電車で貴船神社へ。涼を求めて川床・水占みくじ


スポンサーリンク

 f:id:twistinhaurin:20190903143904j:plain

夏の終わりまだまだ暑いので涼を求めてふらり京都の貴船へ。

電車で貴船神社に行くには京都駅からJR線で東福寺駅へ。

新幹線で来たなら東福寺までの乗車券を忘れずに。

東福寺駅から京阪電車に乗り換え出町柳へ。

出町柳から叡山電車 乗り換えます。

叡山口出口から7番階段を上がると目の前に叡山電車切符売り場あります。

f:id:twistinhaurin:20190903142038j:plain

叡山電車の車両には普通の車両の他に展望列車「きらら」と観光列車「ひえい」がある

ので時刻表を見て行くのも良いかと思います。

30分位の乗車で貴船口駅到着。

そこから1分ほど歩いた貴船口駅前からバスで貴船へ。

f:id:twistinhaurin:20190903142109j:plain

貴船まで160円なので両替しておいた方が良いかと思います。

貴船から貴船神社まで5分位歩くのですが川沿いには川床料理の店が並んでいます。

f:id:twistinhaurin:20190903142145j:plain

f:id:twistinhaurin:20190903142524j:plain

f:id:twistinhaurin:20190903142710j:plain

川床料理は昼でも5千円以上はみておいた方がいいです。1万〜な老舗な店も。

流しそうめんの店はお手頃な値段でした。

ランチだと2000〜3000円位で食べれる所もあるみたいです。

山側の方はお手頃に食べれる所あります。

私たちは貴船神社すぐの鳥居茶屋で「うなぎたまご丼」。

f:id:twistinhaurin:20190903144052j:plain

たまごフワフワでした。

貴船倶楽部とか、手軽にお茶とかパフェが食べれるカフェは時間帯によって激混みなのでずらして行くのがいいかもしれません。

 

ようやく貴船神社へ!

f:id:twistinhaurin:20190903143934j:plain

f:id:twistinhaurin:20190903143959j:plain

ここでの撮影は午前中がお勧めです。

午後からはけっこう混むので他人が映りこまずに撮るのは諦めるしかないです。

f:id:twistinhaurin:20190903143649j:plain

参道を登ると自然を見ながら休憩できる龍船閣と言うスペースが。

f:id:twistinhaurin:20190903144135j:plain

貴船神社は絵馬発祥の地です。

f:id:twistinhaurin:20190903143621j:plain

人が多くてなかなかいい写真が撮れないです。

この日はアジアからの観光客がいっぱいでした。

f:id:twistinhaurin:20190903143558j:plain

ここでは水占みくじが有名です。

お守りとか売っている所に置いてあるので200円を払い、一番上のでも真ん中からでも好きな紙を取り横にある御神水に浸すと文字が浮かび上がってきます。

乾くと見えなくなってしまうみたいです。

f:id:twistinhaurin:20190903143732j:plain

本宮から少し歩くと結社があります。

恋の宮。

男女を結ぶ神様を祀っています。

f:id:twistinhaurin:20190903143757j:plain

細長い緑色の紙「結び文」に願い事を書いて、結び処に紙を結んで祈る事で願いが叶うという事なので良縁を求めている方は是非。

男女間だけでなく人と人、子授けなどあらゆる縁を結ぶとされています。

 

道に戻り川沿いを進んで行くと奥宮があります。

更に神秘的でパワーを感じられ、貴船全体がパワースポットなのを感じます。

夏場だと暑さでここまで歩いていくのは大変なので、散策に良い季節に行くのがいいか

もしれません。

魅力満載な貴船。

御朱印帳もドット柄などありお勧めです。