ハウリンの雑念だらけで生きている

がん闘病中。リンパ腫です。日々雑念と戦ってます。ゆるゆると書いていきます。

【Lucky Kilimanjaro】の【エモめの夏】は軽快なリズムに夏を感じる


スポンサーリンク

Lucky Kilimanjaroの「エモめの夏」お勧めアイキャッチ画像

少し前に夏にお勧めな曲10選という記事をアップしたのですが、

かなり懐かしい曲を選んだので載せなかった曲結構ありました。

夏曲ありすぎて選びきれないですね。

今回はこちらを紹介します。

Lucky kirimanjaro(ラッキーキリマンジャロ)

「エモめの夏」

エモめって表現は正直よく分からないけど、何となく分かる様な気にさせられる曲。

気分が上がるし、はしゃぎたい夏にピッタリだと思います。

 

 

聴きながらリズムを刻みたくなります。

www.youtube.com

このMV、どうでもいい事ですが結局夜まで何も食べなかったって事かい!?てなります。

 

Lucky Kilimanjaro

・同じ大学の軽音サークルで出会った6人で2014年結成

・メンバーは、熊木幸丸(Vo)、大瀧真央(Syn)、松崎浩二(G)、山浦聖司(B)、柴田昌輝(Ds)、奥真人(Perc)

・バンドのテーマは「世界中の毎日をおどらせる」

・2014年、COUNTDOWN JAPAN 14/15で入賞

・2018年「HUG」でメジャーデビュー

・Hey! Say! JUMP や DISH//といったアーティストへの楽曲提供もしている

 

Lucky Kilimanjaro メンバー

 

「エモめの夏」は2020年7月1日にリリースされた6th シングルで、

2nd アルバム「DAILY  BOP」に収録されています。

 

熊木曰く、

「エモめ」って若者言葉っぽいけど、僕の中ではちょっと古いワードなので、そういうちょっとダサさみたいなものも入れたくて。

「エモ」ってジャンル的にいうとオルタナロック系じゃないですか。そういう言葉をこのスタイルで使う軽薄さというか(笑)、イージー感が逆にいいかもなと思って「エモめの夏」にしました。

との事です。

 

エモめ・・・、凄くエモいという事ではない。

曲を聴くとこういう感覚?と思ったりしますが、

それを表す語彙力がないく申し訳ないです。

これは聴いてみて感じてもらいたいです。

 

 

是非アルバム「DAILY BOP」も聴いてみて欲しい。

朝から夜へ移り変わっていく流れが聴いてて心地良いです。

 

 

luckykilimanjaro.net

www.instagram.com

 

ライブも曲と曲がノンストップで繋がっていき、クラブミュージックの様な高揚感を味わえるみたいです。

筆者はまだ参戦出来てないのでその内行けたらと思います。

それと、

LUCKY KILIMANJARO は夏の曲が他にもあって、それもまた良い。

次回また紹介出来たらと思います。

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

www.haurin-zatunenlife.com