ハウリンの雑念だらけで生きている

ゆるゆると書いていきます

愛知県【音楽寺】今が見頃!!アジサイが絶賛満開中。

f:id:twistinhaurin:20200627162429j:plain

梅雨のさなか、「愛知県・あじさい」で調べてみたら音楽寺あじさい祭りというのが目に止まりました。

「音楽寺」??

お寺の名前としてはポップな感じで気になります。

さらに調べてみると「音楽寺」は愛知県江南市にあるとの事。

「おんがくじ」と読むみたいです。

思い立って行ってみました!

 

音楽寺とは

浄土宗西山派の寺院。

山号は琴聲寺。別名あじさい寺

なんと!市内最古の寺だそうです。

境内には地元の方が丹精込めて育てた33種、約1200株のイロトリドリのあじさいが栽培されている。 

また、境内には枯れかけていたクスノキから作られた高さ3メートルの護法神像が境内を見守っている。

今年は中止ですが、毎年6月上旬~6月下旬あじさい祭りが開催されてます。

境内の村国の郷歴史資料館では、16体の円空仏などが展示されていて、「あじさい祭り」期間中は300円で拝観できる。

本堂東側の庭園には朝咲いて夕方には散ってしまう「沙羅の木」が5本あり、あじさいと同時期に見頃になります。

  

f:id:twistinhaurin:20200627164113j:plain

こちらが正面入り口かと、、、

 

f:id:twistinhaurin:20200627163040j:plain

中に入って行くと、アジサイが出迎えてくれました!

 

f:id:twistinhaurin:20200627162508j:plain

いろんな種類が混ざり合っているかの様な。

 

f:id:twistinhaurin:20200627162924j:plain

イロトリドリ! 

しかも大きい!

f:id:twistinhaurin:20200627163004j:plain

どうなっているのか!?

青色と紫色が咲き乱れてます。

土どうなってるんですかね?(?_?)

 

f:id:twistinhaurin:20200627163246j:plain

どう読むのか分からなかった「琴聲山」(;'∀')

判明しました!

「きんせいざん」

 

f:id:twistinhaurin:20200627163325j:plain

ふむふむ・・・

 

f:id:twistinhaurin:20200627163126j:plain

振り返ると本堂が。

 

f:id:twistinhaurin:20200627163209j:plain

こちら観音堂。

薬師堂は撮り忘れました(;^ω^) 

 

f:id:twistinhaurin:20200627163404j:plain

そして奥には「円空仏御法神」が。

優しく見守られてるのを感じます。

御法神さま!こんな私でも見守ってくれるのですか!?なんて。

f:id:twistinhaurin:20200627163438j:plain

 

f:id:twistinhaurin:20200627163517j:plain

裏手に回ると更にいっぱいのアジサイ(^O^)/ 

f:id:twistinhaurin:20200627164024j:plain

 キレイな色です。

f:id:twistinhaurin:20200627162825j:plain

溢れ出しています。 

f:id:twistinhaurin:20200627164149j:plain

正面入り口の横、「琴聲山音楽寺」裏手には無料駐車場があります。🚗

6台位しか止めれなかった様な・・・

来年はあじさい祭りが復活して欲しいですが、駐車場確保は大変そうです(;'∀')

 

 

アクセス

愛知県江南市村久野町寺町73

f:id:twistinhaurin:20200629143831p:plain

江南駅からバスで20分。

近くには木曽川が流れています。

木曽川を少し上流に登るとあの有名な国宝「犬山城」がありますよ🏯

 

あとがき 

「琴聲山音楽寺」は小さな寺です。

地味と言えばかなり地味(キッパリ)

あじさいが咲いてない時期は何もないですが、円空さん好きが行くのかもしれません。

近くにはで有名な「曼陀羅寺」があるので、江南市と言えばほとんどの人がそちらに行くと思います。

私も「曼陀羅寺」は何回か行った事あるのですが、「琴聲山音楽寺」は全然知りませんでした。

あじさい寺として有名だったとは。。。

探せば意外な穴場がありますね。

それにしても、最近花を見に行ってばかりの自分🌼

癒しを求めているのかもしれません。

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。m(__)m