ハウリンの雑念だらけで生きている

はてなカスタマイズや旅行記、好きな事(サブカル)などを書いていきたいです。ゆるゆると書いていきます。

【愛知県犬山市】自動車の交通安全御祈祷で有名な【成田山】で初詣。


スポンサーリンク

f:id:twistinhaurin:20210215220502p:plain

こんにちは、ハウリンです。

先日初詣に

車の交通安全の御祈祷で有名な愛知県犬山市にある

成田山に行ってきました。

 

 

 

成田山とは

・千葉県成田市の大本山成田山新勝寺の別院で、寺号を大本山成田山名古屋別院大聖寺という。

・名古屋周辺の信者がたびたび千葉まで参拝するのは大変であるので、昭和11年に別院建立の為の奉賛会が結成され、昭和28年に中部地区最大の不動尊霊場として開創した。

・自動車交通安全の御祈祷で有名で、昭和37年に自動車御祈祷所加持堂が建立されている。

 

車で行きます(名古屋、岐阜市方面から)

線路を越えるとすぐ成田山です。

f:id:twistinhaurin:20210126161636j:plain

 

駐車場は無料で600台収容できるそうです。

f:id:twistinhaurin:20210126161650j:plain

 

電車で来ると犬山遊園駅で降りて

線路沿いに歩き⇧の線路を越えていくと

最初に目にする門です。

車はこの門の横を通り抜けて奥の駐車場に行きます。

f:id:twistinhaurin:20210126161658j:plain


最初の門を通ります。

f:id:twistinhaurin:20210126161709j:plain

 

赤い大きな門が登場!

f:id:twistinhaurin:20210126161719j:plain

 

お!

さすが名鉄百貨店!

f:id:twistinhaurin:20210126161729j:plain

 

さらに奥に階段が見える・・・

f:id:twistinhaurin:20210126161739j:plain

 

下の写真は駐車場の横の景色。 

ものっ凄く分かり辛いですが💧

浅野祥雲の作品が!!

行った時には気付かなかったんですが(;^ω^)

後で気になって調べてみたらこの有り様です。

近くで撮っておけば良かった!

よく見たら見てる人がいる!

ファンだったのかも(;'∀')

言ってよー

大きい声で「これ浅野祥雲の作品やん!」とか・・・

f:id:twistinhaurin:20210126161748j:plain

話しはそれますが、

浅野祥雲➡怪しい場所には祥雲さんの作品があるという位B級好きにはたまらない人。

成田山の近くの桃太郎神社にも有り、見る人を何ともふにゃっとさせてくれますw

関ヶ原ウォーランドには(ネーミングからして怪しさ満点・・・)

沢山の作品が暴れまくってます✨✨✨

(私がボランティアで塗り替えた作品もありますよー)

 

話し戻します。 

手水舎。

柄杓はコロナ予防で撤去されてますね。 

f:id:twistinhaurin:20210126161800j:plain

 

さあ、登りましょう! 

150段以上あるそうです。

f:id:twistinhaurin:20210126161812j:plain

 

階段の途中の案内。 

f:id:twistinhaurin:20210126161825j:plain

 

まだまだ階段続きます💦

日頃の運動不足が・・・

f:id:twistinhaurin:20210126161835j:plain

 

やっと見えてきました。 

f:id:twistinhaurin:20210126161848j:plain

 

階段途中からの景色。

何か見えますね。

f:id:twistinhaurin:20210126161859j:plain

 

狛犬いろいろ。

何かヨシヨシしたくなる可愛さ。

f:id:twistinhaurin:20210126161913j:plain

 

到着!

手前の木の台で線香買って、奥で火をつけます。

数量限定「キティ、マイメロディ御守」気になりますね。

これはお正月限定だったみたいです。

f:id:twistinhaurin:20210126161925j:plain

 

お参りを済ませて景色を見ると、、、 

素晴らしー

さっき見えた何か。

それは、

f:id:twistinhaurin:20210126161952j:plain

 

国宝犬山城でした!

現存する日本最古の木造天守です。

すぐ横を木曽川が悠々と流れています。

f:id:twistinhaurin:20210126162010j:plain

 

景色を堪能したら本堂横の建物へ。

御朱印を貰いに行きます。

御守りとかもここで購入できます。

f:id:twistinhaurin:20210126161939j:plain

 

窓口の方に下さいと御朱印帳出したら

正月限定の御朱印もあと数枚あるよ!と・・・

え!?

数枚・・・?

下さい!

という事で、普通のと限定の2パターン貰いました。

f:id:twistinhaurin:20210126162250j:plain

 

限定バージョン。

色鮮やか!

ん?日付が?

f:id:twistinhaurin:20210126162301j:plain

そして、辛丑年って??

そもそも干支は本来「十干十二支」で表すみたいです。

十干➡甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)

辛丑年はどんな年になるんでしょうか!?

辛(草木が枯れている様子)、牛(新しい芽が出ている状態への移り変わり)

難しい事はわかりませんが(;^ω^)今年はいい転換の年になるといいなぁ。

 

御朱印を貰って喜んでたら

下の弘法堂でも貰えるよと教えてくれたので行ってみる事に💨

f:id:twistinhaurin:20210126162023j:plain

 

登ってきた所の方角の景色。

f:id:twistinhaurin:20210126162035j:plain

 

階段を少し降りて行くと鐘楼堂があります。

脇を抜けもう少し降りて行くと

f:id:twistinhaurin:20210126162050j:plain

 

弘法堂です。

何処で御朱印もらえるのかな?と

弘法堂の中を覗いてたら人が動く気配Σ(・ω・ノ)ノ!

弘法堂の中、左手に受付ありました(;^ω^)

これは気が付かない! 

f:id:twistinhaurin:20210126162103j:plain

 

御朱印には

「尾張三弘法」「成田山弘法堂」の紙が貼られてました。

f:id:twistinhaurin:20210126162313j:plain

f:id:twistinhaurin:20210126162323j:plain

 

弘法堂のすぐ脇には

「四国八十八か所お砂踏霊場」の案内。

中は一周出来て、一週する事によって八十八か所回った事になるそうです。

f:id:twistinhaurin:20210127231455j:plain

 

鐘楼堂 の方に戻ります。

f:id:twistinhaurin:20210126162139j:plain

 

すると帰り道の案内が。 

f:id:twistinhaurin:20210126162156j:plain

 

抜け出ると犬山城。 

f:id:twistinhaurin:20210127232441p:plain
 

帰り道を下って行きます。

駐車場に戻ってきました🚘 

f:id:twistinhaurin:20210126162223j:plain

 

駐車場の浅野祥雲の像の反対側には

自動車交通安全の御祈祷所があります。 

f:id:twistinhaurin:20210126162238j:plain


御祈祷の時間は30分間隔。

7:00 〜 19:00

※正月・節分は時間変更あり

御守りは

f:id:twistinhaurin:20210131130150p:plain
f:id:twistinhaurin:20210131130154p:plain
f:id:twistinhaurin:20210131130201p:plain

初穂料➡3,500円以上、5,000円以上、10,000円以上があります。

そしてなんと!

数量限定、5,000円以上で

リラックマの自動車守がありますよ(*^^*)

f:id:twistinhaurin:20210131130205p:plain

御守札は郵送も有。

 

東海地方では⇧の「田」のシール貼ってる車よく見ます。

そんな成田山の場所は

 

犬山成田山 大本山成田山名古屋別院大聖寺

 

電車➡名古屋・名鉄岐阜駅から名鉄電車で。

自動車➡中央自動車道は小牧東ICから尾張パークウェイ経由で25分位。

    東海北陸自動車道は各務原ICから30分位。

近くには犬山城・モンキーパーク、明治村、リトルワールドがあるので 、

1日遊びまくれるかと思います。

機会があったら是非行ってみて下さい。

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。