ハウリンの雑念だらけで生きている

日々雑念と戦ってますが日々を大切に生きたいです。ゆるゆると気になる事を書くブログである。

サブカルチャー

【ザ・トラベラーズ(THE TRAVELLERS) 】ジャンプ&ジャイブ&スウィングミュージックの抜群のグルーヴ感

ジャンプミュージックというジャンルの、めちゃくちゃ大人カッコいいバンド【ザ・トラベラーズ(THE TRAVELLERS) 】。久留米を拠点としてジャンプミュージック、スウィングミュージックに敬意を払いつつ作り出すサウンドはクールでダンサブルでパワフル。自然…

【Markku Salo(マルック・サロ)】ガラスデザイナー <<ユニークで個性的なデザイン>>

北欧のアートは素敵な作品がいっぱいあります。その中から今回は作品がとにかく面白い、どうやったらこんな発想が思い浮かぶのか?と独創的な作品に惹かれてしまう「Markku Salo(マルック・サロ)」を紹介します。一見意味が分からない様な不思議な形だらけの…

【オイバ・トイッカ】ガラス・テキスタイル~~マリメッコでも活かされた自由な感覚~~

「Birds by Toikka」シリーズやマリメッコのテキスタイルでも知られる、Oiva Toikka(オイバ・トイッカ)を紹介します。普段使いの物からカラフルなグラスアートまで今すぐにでも部屋に飾りたいアイテムだらけです。トイッカの作品は光に当てると様々な色が…

【カイ・フランク】ガラス・陶器デザイナー~日常使いの食器とアートグラス~

「フィンランド・デザインの良心」と呼ばれている「Kaj Franck(カイ・フランク)」。イロトリドリのガラスの作品からシンプルで美しい日常でも使えるグラスや陶器の食器までデザインしていて、どれも欲しくなってしまいます。「日常使いの傑作」と言われる…

岐阜県現代陶芸美術館【CONVIVIAL LIFE at MOOMIN 'S TABLE】~ムーミンの食卓とコンヴィヴィアル展~

岐阜県現代陶芸美術館で2023年12月16日(土)~2024年3月3日(日)の日程で開催中の「フィンランド・グラスアート」展。同時開催で【CONVIVIAL LIFE at MOOMIN 'S TABLE】~ムーミンの食卓とコンヴィヴィアル展~が開かれています。展覧会では、ム…

岐阜県現代陶芸美術館で【フィンランド・グラスアート】~北欧のモダンデザイン~

岐阜県現代陶芸美術館で2023年12月16日(土)~2024年3月3日(日)の日程で開催中の「フィンランド・グラスアート」展に行ってきました。この展覧会では、1930年代から現在に至るフィンランドのグラスアートを、主要なデザイナー、作家による…

【チバ ユウスケ】ROCKのカリスマは最後まで生き様がカッコ良かった

2023年11月26日(日)、ROCK のカリスマが旅立ちました。チバユウスケ。チバの早すぎる旅立ちに多くのファンが驚き悲しみました。彼が作る曲はいつだってカッコ良くて痺れた。Thee michelle gun elephantとの出会いは衝撃、The birthdayで更に重みを増したカッ…

スカパラとも知り合いとは!サマソニでNI-KIがメンバーと7年ぶりの再会

2023年8月19日(土)、20日(日)と東京・大阪で行われた「SUMMER SONIC 2023」。今年も素晴らしいアーティストが出演してました。そんな中19日の東京と、20日の大阪にENHYPENが出演。大阪では東京スカパラダイスオーケストラも出ていたのですが、何とNI-KIはキ…

映画『THE FIRST SLAM DUNK』オープニング主題歌【The Birthday】の【LOVE ROCKETS】がカッコ良過ぎる

映画『THE FIRST SLAM DUNK』が世界中で空前のブームになってますが、オープニング主題歌が凄くカッコイイです。曲はThe Birthdayの「LOVE ROCKETS」。イントロの疾走感のあるギターリフから格好良さしかない。THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェルガンエ…

【くるり】の【ソングライン】を聴くと新幹線で旅したくなる

暖かくなってくる季節や秋の行楽の時季、天気が良かったりすると無性に旅に出たくなります。移動は車だったり飛行機だったりいろいろありますが、今回は新幹線で出掛けたくなる曲を紹介します。それは、「くるり」の「ソングライン」。聴いたらすぐにでも新…

ガールズスリーピースバンド【リーガルリリー】透明感のある歌声と耳に残るギターと曲

不思議な魅力のあるバンド「リーガルリリー」。とっても可愛いガールズスリーピースバンドです。歌声や詩の世界観、清いギターの音に引き込まれて行きます。初めて聴いた時何となくandymoriを思い浮かべてしまいました。たかはしほのかの歌声がほんわりと入…

荻窪にキャバーン・クラブの様なライブハウス【TOP BEAT CLUB】誕生

THE NEATBEATSのMr.PANこと真鍋社長の長年の夢だった英国キャバーン・クラブの様なライブハウス【TOP BEAT CLUB】が2022年2月10日荻窪に誕生しました。アーチ型のレンガの内装はまさにキャバーン・クラブ。当初の目標金額696万円を3~4日で達成してしまい、…

心に響く魂の歌声【T字路s】とは伊東妙子と篠田智仁によるブルースデュオ

心に響く魂の歌声「T字路s」。伊藤妙子(ボーカル、ギター)と篠田智仁(ベース)によるブルースデュオです。フォーク、ブルース、ロックンロールを飲み込みつつ心に沁みる歌声をジャンルの壁を越えダイナミックに響かせます。

車谷浩司のソロ・プロジェクト【AIR】時代を駆け抜けたオルタナサウンド

1996年から2009年まで、時代を駆け抜けた「AIR」を紹介します。「SPAIRAL LIFE」解散後、車谷浩司が始めたのが「AIR」。オルタナといえば「AIR」というほどの存在感があり、後のバンドにかなり影響を与えていました。うねる様なギターのラウドな曲もあれば、…

ライブハウス応援【THE NEATBEATS】MR.PAN念願のキャバンーン・クラブの様な新ライブハウス【TOP BEAT CLUB】を応援したい

THE NEATBEATSのMR.PANが「キャバーン・クラブで演奏したい!(キャバーン・クラブの様な)」との気持ちが高まり、2016年にライブハウス建設プロジェクトを立ち上げました。ライブハウスの名は「TOP BEAT CLUB」。「新”ビンテージ”なライブ空間」「音楽文化複…

K-POPクリエイティブディレクターであり現HYBEのADOR代表【ミンヒジン】の世界観が最高

K-POPのアートワークを見ていると、とても惹かれる作品がある。それらの作品に関わっているのが「ミンヒジン(민희진)」である。元はSMエンターテインメントでクリエイティブディレクターだった彼女は少女時代やSHINEee、EXOなどを世に送り出してきた。現在は…

国際芸術祭あいち2022 一宮市でアートと触れ合う

2022年7月30日~10月10日にかけて「国際芸術祭あいち2022」が開催されています。その中から今回は一宮会場をご紹介。旧一宮市立看護学校や旧スケート場など普段展示場に使わなさそうな場所が使われていたりしてとても面白く、祈りや、生と死、メンタルヘルス…

国際芸術祭あいち2022【奈良美智】の作品が素敵過ぎた

「国際芸術祭あいち2022」が2022.7.30~10.10まで開催されています。愛知芸術文化センター・一宮市・常滑市・有松地区(名古屋市)で作品が展示されていますが、「奈良美智」さんの作品が一宮会場に展示されているので見に行ってきました。一宮の作品テーマが…

奇妙礼太郎【たまらない予感】全身を包み込んでくれる様な感覚で何度も聴きたくなってしまう

奇妙礼太郎。彼の事を知らなくても声はCMで聴いた事があるだろう。特徴的で印象的、聴き心地の良い優しい声である。そんな彼が4年ぶりにリリースした3rdアルバムのタイトル曲「たまらない予感」が何度も聴きたくなってしまうほど心地よい。あらゆるシチュエ…

踊れやほいやっさ!【Lucky Kilimanjaro】の【太陽】で真夏の雨上がりも最高に

Lucky Kilimanjaro(ラッキーキリマンジャロ)の「太陽」という曲は真夏の夕立の後、スコールの後の太陽が差し込んで来てびしょ濡れでも踊り出したい位楽しい気持ちになる曲。MVの中で踊る女性にとにかく目を惹かれる。「さぁ~、踊らにゃ損、踊れやほいやっさ…

【Lucky Kilimanjaro】の【エモめの夏】は軽快なリズムに夏を感じる

「Lucky kilimanjaro」の「エモめの夏」という曲がある。エモめ・・・という分かる様な分からない様な題。聴いてみるとなるほどこんな感じなのか!と思うがそれを表現できる語彙力がない。とにかく夏を感じられるこの曲。是非聴いてリズムに乗ってもらいたい…

暑い夏に聴きたくなる懐かし(ちょっとマニアック)【サマーソング】10選!

暑い夏に聴きたくなる「サマーソング」。誰しも1つや2つあると思います。完全に筆者の好みな邦楽の懐かしい曲ばかりの夏曲10選をご紹介します。海で聴きたい曲、フェスで聴きたい曲など夏を楽しめる曲なので初めて聴いて好きになってもらえたら嬉しいです…

bonobos【THANK YOU FOR THE MUSIC】は一緒にリズムを刻みたくなる

2023年春をもって解散することを発表した「bonobos」。蔡忠浩の透明感のある歌声で、印象的なリズムとキャッチーな曲が多いイメージですがその中でも「THANK YOU FOR THE MUSIC」を紹介します。2005年にリリースされた5thシングルでCD TVのオープニング曲に…

【バグダット・カフェ】は懐かしく黄昏れた色彩の映像と主題歌が魅力の心に響く映画

黄昏れた色彩、懐かしいムード、そして世界中のアーティストが競ってカバーした主題歌が魅力の「バグダット・カフェ」。ラスヴェガス近郊の砂漠にたたずむ寂れたモーテルが舞台で、パーシー・アドロン監督と女優のマリアンネ・ゼーゲブレヒトが組んで世界中…

【くるり】の【その線は水平線】を聴いて背中を押してもらう

悩んでいてもしょうがないし、どうにも出来ない事もある。とりあえずチャレンジしようと背中を押してくれる曲がある。それはくるりの「その線は水平線」。何かやってみようかな・・・と思えてくる。と言ってもくるりの曲はその人その人がこういう意味かな?…

【AIR】の【Bicyclist】は颯爽と自転車に乗りながら聴きたい

爽やかな季節に、天気のいい日に自転車で颯爽と街を駆け抜けながら聴きたい曲。AIRの「Bicyclist」を聴きながらだと自然にペダルをこぐスピードが増します。歌詞を聴いてるだけでも雰囲気が味わえます。かなりのロングライドにも是非。

【Jamiroquai(ジャミロクワイ)】90年代世界中にアシッドジャズ、ジャズファンクを広げたパイオニア的存在

1990年代、世界中にアシッドジャス、ジャズファンクを広げたパイオニア【Jamiroquai(ジャミロクワイ)】。当時強烈なインパクトを与えた彼らの事を少し紹介します。今聴いても新しささえ感じる曲多数です。

【United Future Organization】1990年代クラブシーンでのアシッドジャズムーブメントのパイオニア

1990年代、東京のクラブシーンでのアシッドジャズムーブメントのパイオニア的存在だった「United Future Organization(ユナイテッド・フューチャー・オーガニゼイション)」。疾走感がありカッコイイ彼らの曲達。今聴いてみても新しさすら感じます。そんな「U…

春・初夏に聴きたい【ピチカート・ファイブ】の「ベイビー・ポータブル・ロック」「スウィート・ソウル・レビュー」

1990年代「渋谷系」「オシャレ系」の代表の様な存在だった「PIZZICATO FIVE(ピチカートファイブ)」。そんなPIZZICATO FIVEの曲の中から花が咲き始める春から緑あふれてくる初夏のウキウキしてくる季節に聞きたくなる曲を紹介します。

【Tempalay】のサイケでローファイな浮遊感漂う曲に酔いしれる。

ローファイで西海岸をゆるりと歩いている様なサウンドな「Tempalay(テンパレイ)」。大注目バンドです。デビューしてわずか1年でフジロックに出演したり、音楽業界やファッション業界でも話題になった「Tempalay」を紹介します。