ハウリンの雑念だらけで生きている

はてなカスタマイズや旅行記、好きな事(サブカル)などを書いていきたいです。ゆるゆると書いていきます。

サブカルチャー

【くるり】の【HOW TO GO】を聴いて夏のムシムシとした暑さと何とも言えないあの日々を思い出す

真夏の太陽の下、何だか無気力で日差しだけが眩しく、汗が額を流れ落ちる・・・そんな時に思い出す曲が「くるり」の「HOW TO GO」。名曲です。2003年にリリースされた曲で、未だにくるりの曲の中でも1番好き!というファンが多い曲です。

土を自在に操る【Stephanie Quayle(ステファニー・クエール)】今にも動き出しそうな動物たち

「Stephanie Quayle(ステファニー・クエール)」の作品は、一見雑に赴くままに粘土を貼り付けている様にみえるのに、完成した作品は確かにその動物そのもの。今にも動き出しそうな動物たち。大自然の中で育った彼女から作られる作品を紹介します。

海外で人気が高い『ミツメ』のポップだけど平熱感漂う普段着ミュージック

日本のインディーシーンの中でも特別な存在感を放つバンド「ミツメ」。海外での人気が高くインドネシアやロサンゼルス、上海などで公演を行っていて、数々のフェスにも出演している「ミツメ」を紹介します!

【デキシード・ザ・エモンズ】下北で人気だったバンド。復活ライブは要チェック!

下北沢で大人気だったバンド「デキシード・ザ・エモンズ」インディーズとしては異例のセールスを記録している。地上波から流れてくる音楽だけが全てではない!とにかくカッコいいので聴いてみて欲しい!

あのサウナドラマ【サ道】の新シーズン始まる!

2019年、空前のサウナブームを巻き起こしたサウナドラマが帰ってくる。タナカカツキのまんがをドラマ化した「サ道」が!!キャストは前回と同じ原田泰造・三宅弘城・磯村勇斗。主題歌とエンディングもCorneliusとTempalay。みんなで「ととのい」ましょう!

日本の音楽史に残る名盤フィッシュマンズ「宇宙 日本 世田谷」

90年代の音楽を語る上でFishmans(フィッシュマンズ)を上げないワケにいかない。音楽師に残る名盤「宇宙 日本 世田谷」。浮遊感のある独特な曲に引き込まれ、海深くに潜り込んでいきます。

ホルガー・シューカイ「Cool In The Pool」でCool Together

クラウトロック・ムーヴメントの先駆者であり、元「Can」のベーシスト兼エンジニアの「Holger Czukay(ホルガー・シューカイ)」 日本とも縁の深い彼の前衛的な曲の中から「Cool In The Pool」「Photo Song」を紹介します。

【Tempalay】のNEW ALBUM【ゴーストアルバム】の魅力とは

更に進化を遂げているTempalayのNEW ALBUM「ゴーストアルバム」。コロナ過の1年を歌わざるを得なかったという今作。サイケでありながら全体を通して流れる心地よいメロディに浸かっていきます。

【Tempaly】の2nd Album 【from JAPAN 2】の沼に入り込む

デビューして僅か1年でFUJI ROCK FESTIVALに出演!GAPとコラボした「革命前夜」音楽業界やファッション業界でも大きな話題を呼んだTempalay。「革命前夜」が収録された2nd ALBUM「from JAPAN 2」とは!?

雨の日には【くるり】の【ばらの花】が聴きたくなる

こんにちは、ハウリンです。 別に音楽にに詳しくもなく ボキャブラリーの少ない私がお勧めします(;'∀') いろんな季節や出来事で思い出す曲があると思います。 雨の日なんかどうでしょうか? 私は、雨が降ると「雨~降りの〜朝で~」と 頭の中で流れ出す曲が…

春・初夏に聴きたい曲【ピチカートファイブ】の「スウィート・ソウル・レビュー」「ベイビー・ポータブル・ロック」

こんにちは、ハウリンです (*^^*) 春はこれから 春爛漫 もう初夏になりつつある 地域によって違いがあるかと思います。 そんな春・初夏に聴きたくなる曲を紹介します、、、 PIZZICATO FIVE の 「スウィート・ソウル・レビュー」 「ベイビー・ポータブル・ロ…

【蜷川実花】〜虚構と現実の間に〜を見に行ってきた。

こんにちは、ハウリンです (*^^*) 2月13日(土) から4月4日(日) まで 名古屋松坂屋美術館で 蜷川実花~虚構と現実の間で~ がやっているので見に行ってきました! 名古屋松坂屋は 名古屋の栄地区にあります。 松坂屋美術館は南館7Fにあります。 // 知…

GENKYO【横尾忠則展】~原郷から幻境へ、そして現況は?

こんにちは、ハウリンです。 愛知県美術館で 2021年1月15日(金)〜4月11日(日)まで GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は? が開催されているので見に行ってきました! 横尾忠則とは!? ★1936年、兵庫県西脇市生まれ。 ★神戸でデザイナーの活動を始…

「ニャ夢ウェイ」とは!?松尾スズキの超ユルかわいい猫コラム漫画

こんにちは、ハウリンです。 サブカル感満載の記事です(;´∀`) 私の周りで、この良さを分かって貰える人は超絶少ない、松尾スズキの「ニャ夢ウェイ」。 2003年から「ROCKIN'ON JAPAN」の後ろの方に載ってた人気連載ですよ! 連載開始から13年を経てついに完…

【Tempalay】のサイケで浮遊感漂う曲に酔いしれる。

こんにちは、ハウリンです 。 デビューして僅か1年でFUJI ROCK FESTIVAL'15「ROOKIE A GO-GO 」に出演! Gapとコラボした「革命前夜」が音楽業界やファッション業界でも大きな反響。 更に進化を遂げているTempalay(テンパレイ)を紹介します。 Tempalay メン…

B級好きにはたまらない!!浅野祥雲の作品とは??

こんにちは、ハウリンです (*^^*) ちょっと前に、犬山の成田山の記事を書いたんですが、 その時偶然にも浅野祥雲の作品があったので 知らない人が多いのではないか? B級な物を好きになって欲しい! 見てフニャッとした気持ちになって欲しい! と少し紹介し…

クリスマスにTHE KAISERSの「Merry Christmas Loopy Lu」を聴こう♪

おんぷ こんにちは、ハウリンです (*^^*) クリスマスソングで定番といえば ワム!「Last Christmas」 マライア・キャリー「All A Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)」 ジョン・レノン「Happy Xmas(War Is Over)」 山下達郎「クリスマスイブ…

2021年 の【フェス情報】日本の音楽フェス、野外フェス、夏フェス、ロックフェスまとめ。

2020年のフェスはコロナの影響で散々たるものでした。 2021年はどうなるのか・・・ 8月以降も続々とフェス情報が上がってきてますので、 期待を込めて載せていきたいと思います。 ※コロナの状況で開催中止・延期など出てくると思います。 情報が遅くなる場合…

小山田壮平 アルバム【THE TRAVELING LIFE】を聴きながらゆったりドライブへ出掛けよう。

こんにちは、ハウリンです (*^^*) 忘れてたワケではないんですが(^_^;) もの凄く久しぶりに音楽ネタ書きます。 運転中のお供 小山田壮平のアルバム 「THE TRAVELING LIFE」 旅するように綴った前12曲 何も考えず、気持ち良いドライブに 優しい気持ちで過ごせ…

ライブハウスは和製英語!?英語では何て言うの?

こんにちは、ハウリンです (*^^*) 恥ずかしながら最近まで知らなかったのですが ライブハウスって和製英語だったんですね! 世界中で通じる言葉だと思ってました・・・ 通じないとは(;'∀') 日本ではライブハウスと言えば!ですよね。 海外で Live house と言…

久々にライブを見に・・・感染対策はどうだったか!?

こんにちは、ハウリンです (*^^*) 最近寒くなってきたせいか、 みんなが油断してきてるせいか、 コロナ感染者増えて来てますね (;'∀') そんな中、もの凄く久しぶりにライブ見に行って来ました!(^O^)/ // 9か月ぶり位ですよ!!(オソロシイ・・・) こんな…

【ザ・ニートビーツ(THE NEATBEATS) 】タイトなスーツにリーゼントで絶品ロックンロール!

タイトなスーツにリーゼントで思わず体が動き出すマージービートと、笑いが止まらない絶品MCが魅力のライブバンド。 演奏で汗だく、MCで笑い過ぎて辛くなるほど。 THE NEATBEATS !!! コロナでライブハウスになかなか行けない今、ニートビーツの YouTube …

ライブハウス磔磔のドネーショングッズが可愛い!(私的に)

コロナで大変なこの時期、ライブハウスもグッズ販売を始めています。 そんな中、大好きな箱である京都は下京区の裏通りにある老舗ライブハウス磔磔。 数多くのミュージシャンがここ磔磔から育っています。(R.C Succession、シナロケ、ウィルコ・ジョンソン…

【サブカル(サブカルチャー)】という言葉を知らない人がいてビックリ。

ちょっと前ですが、初めて話す職場の若い子と長時間仕事する事があり、話のきっかけに「最近は何にハマってるの?」と聞いたら良く分からない韓国の歌手?グループでした。 そう私は流行の事をあまり知らないんです! なぜなら昔からサブカルチャー寄りの事…

カオスなノンジャンル大集合体バンド【渋さ知らずオーケストラ】それはもう宴。

渋さ知らずオーケストラとは 圧倒的なパフォーマンスと圧巻の演奏。 日本が世界に誇る音楽集団。 前衛ジャズをメインにロック、民族音楽、チンドンなどジャンルを選ばず展開。 アンダーグラウンドでサブカル要素満載でありながら、今では知らない人は少ない…

お勧めの1曲 ~第2弾~眉村ちあき『 軌跡・神の子・天才犬 』

⇧かわいいですね(*‘∀‘) どおも、相変わらずボーとしてるハウリンです。 コロナで元気が出ない今日この頃、今回はこちらの曲で元気をもらいたいと思います。 曲紹介 眉村ちあきとは BIOGRAPHY あとがき 曲紹介 今日、頭の中回ってた曲は、、、 眉村ちあきの「…

踊れるジャズバンド【TRI4TH】パンク、スカを取入れ最高にロックでファンキー!

MEMBER BIOGRPHY DISCOGRAPHY 5人組の踊れるジャズバンド♬ ライブは超絶迫力があり、体が勝手に踊り出します。 疾走感のある曲がとにかくカッコ良く、ルパンな感じです。 たまりません! 国内外を飛び回るライブジャズバンドである。 MEMBER 伊藤隆郎 ドラム…

西宮の狂犬【KING BROTHERS】ROCKとはこういうもんだ!

「にしのみやーーー!!!」の叫びにウォー!!とならずにはいられない。 そうキンブラは兵庫県西宮のバンドです。 激しいライブ、客席にダイブするマーヤ。 分かってる客はマーヤを落とす事無く支え運びます(どんなに少ない客でも!)。会場を落とされる事無…

「ドミコ」独創性に溢れる楽曲で1度聴いたら忘れられないバンド。

アップルミュージックのCMで何?誰の曲!?と思ったのがドミコの「ペーパーロールスター」でした。 ギターとドラムの2人とは思えない位のリズミカルで変化に飛んだ楽曲。洋楽の様でもあります。 個性的で1度聴いたら耳から離れない。 とにかくカッコいいです…

「騒音寺」京都を代表する和製ロックンロールバンド。磔磔、拾得が似合う!

京都といえば・・・いろんなバンドを想い浮かべるかと思いますが歴史が違う!2019年で25周年を迎えた騒音寺。 ハードでブルージィなメロディーで誰もが一緒に踊って笑顔になれるライブです。 MEMBER NABE(ボーカル) タム(ギター) コーヘ(ベース) BIOGRAPHY 1…