ハウリンの雑念だらけで生きている

日々雑念と戦ってます。ゆるゆると書いていきます。

【デキシード・ザ・エモンズ】下北で人気だったバンド。復活ライブは要チェック!


スポンサーリンク

                          

f:id:twistinhaurin:20210713142814j:plain

デキシード・ザ・エモンズ

(DEXIED THE EMONS)

下北で人気だったバンドです。

めちゃくちゃカッコいい!

地上波で流れてくる音楽だけが全てではない!

とにかく聴いてみて欲しいです。

 

 

 

デキシード・ザ・エモンズとは

2006年に解散しているが、デキシード・ザ・エモンズとは

アベ・ジュリーハッチー・ブラックボウモア

1990年に結成したバンド。

ベースのメンバーの脱退、加入を繰り返し、

最後のメンバーはアベ・ジュリーハッチー・ブラックボウモア

アベ・ジュリーは本名と沢田研二の愛称が由来(ボーカル&ギター)

ハッチー・ブラックボウモアは本名とおそらくウイスキーの銘柄が由来なのでは(ドラム&コーラス)

 

モッズスタイルと、ガレージサウンドやグラムロックなど

ハイテンションなライブパフォーマンスで下北沢を中心に人気を得る。

95年に発売したデキシード・ザ・エモンズⅡ

インディーズとしては異例のセールスを記録する。

 

www.youtube.com

何が何だか分かりませんがカッコいいです(*´ω`)

 

BIOGRAPHY 

1992年、ベース&コーラスの塩原周が脱退。

1994年、ベース&コーラスのマー坊脱退。センパイがベース&コーラスで加入。

1995年、アルバムデキシード・ザ・エモンズⅡ高セールスを記録する

2001年、「デキシード・ザ・エモンズ ワンマンショウ」を渋谷クラブクアトロ、と十三ファンダンゴで開催。

2003年、センパイ脱退。ベース&コーラスでプーヤン加入。

2006年、プーヤン脱退。デキシード・ザ・エモンズは解散を発表し10月28日の日比谷野外音楽堂のライブを最後に16年の活動に幕を下ろす。

 

 

DISCOGRAPHY 

シングルは11枚。

アルバムは18枚。

1994年、「アルバムNo.1」

1995年、「デキシード・ザ・エモンズⅡ」

1996年、「SOMETHING Dew」

1997年、「K.O.G.A Records Single Collection」

1997年、「ROYAL LOUNGE」

1998年、「Berry,Berry Bo,hho」

1999年、「S,P&Y -Sound,Pew and Young-」

2000年、「ROUGH RIDE」(Mini Album)

2002年、「Velb」

2003年、「BAKED AND QUESTION」

2004年、「太陽の目」(Mini Album)

2004年、「真夜中の雫」(Mini Album)

2005年、「LIVE 〜嵐の月曜日〜」(Live Album)

2005年、「NO HIT NO RUN 〜栄光の軌跡〜」(Best Album)

2005年、「in dock」

2006年、「GOLD DISC」

2007年、「ズバリ!ラストライブ!! In 日比谷野外音楽堂」(Live Album)

ビデオ&DVDは3枚。

 

 

あとがき 

絶賛解散中ではあるが思い出したかの様に2013年から年に何回か復活してライブしているので要チェック。

チケットはすぐ売り切れてしまいます。

 

2020年7月19日(日)に開催予定だった

「デキシード・ザ・エモンズ だいたい30周年スペシャルライブ」はコロナのせいで2021年7月18日(日)に延期でした。

開催されたライブはSOLD OUT

流石です。

 

ところで、メンバーが違うバージョン(うつみようこ姉さんがボーカル)の

デキシード・ザ・メイコスもあるのでこちらもお勧めです。

 

それぞれソロ活動中でいろんなスタイルでやっています。

把握しきれないので自分で確認して欲しい!

アベジュリー

ハッチハッチェル

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。。。