ハウリンの雑念だらけで生きている

ゆるゆると書いていきます

【ザ・ニートビーツ(THE NEATBEATS) 】タイトなスーツにリーゼントで絶品ロックンロール!


スポンサーリンク

f:id:twistinhaurin:20191008180625j:plain

タイトなスーツにリーゼントで思わず体が動き出すマージービートと、笑いが止まらない絶品MCが魅力のライブバンド。

演奏で汗だく、MCで笑い過ぎて辛くなるほど。

THE NEATBEATS !!!

コロナでライブハウスになかなか行けない今、ニートビーツの YouTube チャンネルが熱いです。

ただ、見てる途中ライブに行きたくなって、とても切なく震えますが(;'∀')

www.youtube.com

 

 

1997年大阪の淀川付近(日本のマージー河)で結成。

初期ビートルズやサーチャーズ、ビッグ・スリー等のリバプール、マージービート・サウンドを直球ルーツとする。

 

MEMBER 

メンバーは何度か変わったが現在は安定の4人組。

MR.PAN ボーカル、ギター

MR.LAWDY ボーカル、ギター

MR.GULLY ボーカル、ベース

MR.MONDO ボーカル、ドラム

 

BIOGRAPHY 

1998年、アメリカから「FAR AND NEAR」でデビュー。

自身のレーベル MAJESTIC SOUND RECORDSからアナログリリース。

2001年、ベースMR.GULLY脱退。MR.ROYAL加入。

2003年、ドラムMR.SHEEN脱退。

2004年、何がどうしたかFACESばりのルックスとサウンドで突然現れ観客をビックリ仰天させる。

この年クハラカズユキ(THE BIRTHDAY)がドラム、奥野真哉(Soul Flower Union)はキーボードでサポートに入る。

2005年、MR.SHALLOWが入り元のスタイルに戻る。

2007年、MR.ROYAL脱退。MY.GULLY戻る。

2008年、MR.SHALLOW脱退。MR.MONDO加入。自身のビンテージ・レコーディング・スタジオ完成。

以降安定のステージで2011年からはボーカル以外全て生音、PA無しという1960年代初期の演奏スタイルを年に数回開催。毎回SOLD OUTとなっている。

また、スペインツアーも毎回大好評

 

 

DISCOGRAPHY

アルバム

1998年 「FAR AND NEAR」

1999年 「MERCURIAL...」

2000年 「EVERYBODY NEED!」

     「THERE NOW!」

2002年 「GOLDEN GOODIES」

2004年 「ATTENTION PLEASE!!」

2005年 「BIG BEAT MIND!!」

2006年 「ROCK'N'ROOL CHRISTMAS」

2007年 「JAPANESE ROCK & ROOL ATTACK!!」

2008年 「ROLL ON GOOD!!」

2009年 「BEAT SIDE HITS」

2010年 「MERCURIAL...SPECIAL EDITON」

2012年 「DYNAMIC BEAT TOWN」

2013年 「DANCE ROOM RACKET」

2016年 「MORE BEAT SIDE HIT」

2018年 「OPERATION THE BEAT」

その他、シングル、ミニアルバムもたくさん出てます。

 

 

あとがき 

「バンドマンのすべらない話し」も定期的に行っており毎回SOLD OUTで「ライブより客が来る」との事。

それから、なんと吉本の芸人、和牛の出囃子に「HAMBURG TWIST」が使われています

今でも年間100本以上はライブをしていると思うので、けっこうすぐ我が町に来てくれると思います。

行くしかないでしょう!

the NEATBEATS Official Website

www.youtube.com