ハウリンの雑念だらけで生きている

日々雑念と戦ってます。ゆるゆると書いていきます。

『スーザン・ホールズ』の作る動物達は田舎の朴訥とした雰囲気を表現している


スポンサーリンク

f:id:twistinhaurin:20210910162804j:plain

気になるアーティストがいるので調べてみました!

以前、コレクション展で出会った、

なんとも朴訥とした雰囲気の動物たち。

そんな動物たちの陶芸を制作しているのは

Susan Halls(スーザン・ホールズ)

 

 

 

え?

顔!

f:id:twistinhaurin:20210920203801j:plain

なんか間抜けな顔で気になってしまいました。

どういう表情?

 

Susan Halls

・1966年イギリスのケントに生まれる。

・1984年から1988年までメドウェイ美術学校で陶芸を学ぶ。

・ロンドンの王立美術学校から奨学金を授与され、優秀な成績でMAを卒業する。

・マンチェスターアートスクールなど多くの大学で客員教授となる。

・彼女の作品はビクトリアアンドアルバート博物館などいろいろな場所に展示されている。

 

こちらの犬・・・だろう動物も右のは普通だけど

右は人面犬。

しかも怖い(;'∀')

f:id:twistinhaurin:20210920203818j:plain
f:id:twistinhaurin:20210920203815j:plain

 

でも、インスタグラムには可愛らしい猫やうさぎも沢山載ってます🐈

[http://

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Susan Halls(@susanhallsceramicsuk)がシェアした投稿

]

 

こちらはホームページ。

https://susanhalls.com/post/178481851504/dutch-pair-2018-york

susanhalls.com

 

やっぱりどうにも気になる表情!

怖いんだけどかわいい。

f:id:twistinhaurin:20210920203904j:plain
f:id:twistinhaurin:20210920203853j:plain

 

牧草地の感じが伝わってきますね。

f:id:twistinhaurin:20210920203836j:plain
f:id:twistinhaurin:20210920203833j:plain

 

こんな作品もあります。

このフクロウ。

インテリアに欲しいですね。

f:id:twistinhaurin:20210920203917j:plain

 

⇩コレクション展の受付に置いてありました。

「スーザン・ホールズさんに学ぶ動物ゆびにんぎょう!」

f:id:twistinhaurin:20210922170303j:plain

スーザン・ホールズさんの作る「キリン」の作品は、

板状の粘土(タタラ)をくるっとまるめて作られているそうです。

(⇧上の画像の上の方のキリンです)

と!いう事で、紙でいろんな円柱の動物を作りましょうという小さな図工室です。

f:id:twistinhaurin:20210920203934j:plain
f:id:twistinhaurin:20210920203937j:plain

右のは、自分で色を塗ってうさぎを作れます。

子供と作ったら楽しそうですね!

 

Facebook

 

スーザン・ホールズさんの作品はどれも素朴で

凄く面白い顔をしているのもあれば、とてもリアルな質感のものまであって面白かったです。

あと、美術館のレジカウンター付近にはいろいろな物が置いてあるので見逃すと勿体ないですよー。

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

www.haurin-zatunenlife.com