ハウリンの雑念だらけで生きている

はてなカスタマイズや旅行記、好きな事(サブカル)などを書いていきたいです。ゆるゆると書いていきます。

2004年バンコクの思い出を振り返る〜ワット・プラケオ編〜


スポンサーリンク

f:id:twistinhaurin:20210123232250p:plain

こんにちは、ハウリンです。

いつも読んで頂いてありがとうございます。

前回ワット・アルンへ行ったので、 

www.haurin-zatunenlife.com 

渡し船でターティアン船着き場に戻った所から始まります。

王道のバンコク観光です。

バンコクに詳しい人にはありきたり過ぎてつまらないかと思います💦

 

ワット・ポーに絶対寄ったはずなのに

何故か写真出てきませんでした(T_T)

 

 

 

下の写真は・・・

奥がターティアン船着き場なはず・・・

Google mapで見てみたら右の建物がなくなってる!

左の建物は今は綺麗に塗り替えられてしまっていますが、

窓の形とか屋根とか同じだと思います!

f:id:twistinhaurin:20210114175220j:plain

 

ターティアン船着き場からワット・ポーまでは歩いて2分程です。

 

ワット・ポーは有名な涅槃像があり

f:id:twistinhaurin:20210105144601j:plain

 

タイ古式マッサージを習う事も出来ます。

 

地図のワット・プラケオの下の方、「巨大な仏像や美術品がある静寂な寺院」と書いてある所がワット・ポーです。

 

そんなワット・ポーからワット・プラケオ(王宮)までも歩いて10分位。

暑い時期は水とか飲みながら行きましょう。

そういえば、ワット・プラケオの横にサラーンロム公園があるんですが、そこの道を別の日に1人でワット・ポーに向かって歩いていたら、背の高いタイ人の様なアラブ系の様な男の人に捕まって、いい店があるからどうだい?的に連れていかれそうになった事、懐かしい思い出です。。。遠い目

 

話しを戻して!チャオプラヤーの風を感じたいんだ!という方は、

ターティアン船着き場から、またエクスプレスボートに乗り

ターチャーン船着き場で降りて行く方法もあります。

 

全然いい写真撮ってません(^_^;) 

f:id:twistinhaurin:20210114175312j:plain

ワット・プラケオの魅力を全く伝えられない写真達。

f:id:twistinhaurin:20210114175329j:plain

 

中には黄金に輝く仏像が!

f:id:twistinhaurin:20210114175339j:plain

 

植物の写真ばかり・・・

周りにはいろんな花が咲いてました。

ブーゲンビリア。

f:id:twistinhaurin:20210114175404j:plain

 

この珍しい植物は

ホウガンノキ

南米ギアナ原産で、熱帯アジアの公園や寺院でよくみられるそうです。

f:id:twistinhaurin:20210114175416j:plain

 

果実は砲丸の様で、臭気があるそうです。

f:id:twistinhaurin:20210112135840p:plain

東山植物園より

 

この植物は何でしょうか?

ムラサキソシンカ?

バウヒニア?

f:id:twistinhaurin:20210114175442j:plain

f:id:twistinhaurin:20210114175454j:plain

 

日本人にはこの赤はなかなか着こなせないでしょう。。。

f:id:twistinhaurin:20210114175515j:plain

 

王宮に来ました。

ちっちゃい僧侶さん達(*^^*)

f:id:twistinhaurin:20210114175544j:plain

 

ビシッ!!

近づいても全く動きませんでした!

f:id:twistinhaurin:20210114175559j:plain

 

 

この後カオサン通りまで足を延ばしました。

全然カオサン感ないですね(^_^;)

f:id:twistinhaurin:20210112141806j:plain

 

本当はこんな感じです。

f:id:twistinhaurin:20210112142614j:plain

 

 

ワット・プラケオの周りを堪能した私達、

次の日私はまたアユタヤに行ってます。

もうアユタヤはいいわ!

と思うかもしれませんが載せさせて下さい(;^ω^)

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました!