ハウリンの雑念だらけで生きている

日々雑念と戦ってます。ゆるゆると書いていきます。

新鮮なバジルで簡単に作れて美味しい『ジェノベーゼソース』を作ろう!


スポンサーリンク

f:id:twistinhaurin:20211001204213j:plain

こんにちは、ハウリンです。

前回、バジルが大量に収穫出来たのでドライバジルを作ったのですが、

成長著しいバジルからまだまだ収穫出来、

サラダなどに入れても間に合わないし、

ドライバジルばかり作っていてもしょうがない。

という事で、ジェノベーゼソースを作りました。

 

 

 

ペスト・ジェノベーゼ

「ペスト・ジェノベーゼ」が正式名称。

★イタリアではバジル・松の実・チーズ・ニンニク等を粉砕しオリーブオイルを加えて塩気で整えたものをペストと言いい、オイルソースの一種である。

★ペストはリグーリア地方で使われる調味料だが、原産地名称保護制度で保護された「ペスト・ジェノベーゼ(ジェノバのペスト)」が特に有名。

★日本で「ジェノベーゼ」といえば「ペスト・ジェノベーゼ」を想像するが、本場イタリアで「ジェノベーゼ」と言えば玉ねぎと肉の茶色いソースになる。

 

f:id:twistinhaurin:20210928204456j:plain
f:id:twistinhaurin:20210928143840j:plain

バジルは水をあげていれば凄く良く育ちます。

 

f:id:twistinhaurin:20211003134618j:plain

収穫してもまた何日か経つとワッサーと葉が青々と育ちます。

成長して伸びてきた分と密集してきた所を収穫して風通しを良くし、

収穫したバジルでジェノベーゼソース作ります。

 

材料

バジル・・・30g

松の実・・・10g

ニンニク・・・1片

チーズ・・・30g

塩・・・少々

オリーブオイル・・・80〜100ml

 

f:id:twistinhaurin:20211003134615j:plain

キレイに水洗いして、サッと水けを取ります。

これが結構面倒くさい。

家の中で育てている場合は大丈夫ですが、外に置いてある場合、

知らない間に葉の裏に蝶々とかが卵を産み付けている事があるので注意して下さい。

 

f:id:twistinhaurin:20211003134648j:plain

面倒なので、キッチンペーパーで一気に乾かしてしまいますが、

お盆とかに並べて水けを取った方が水気が取れやすいかと思います。

 

f:id:twistinhaurin:20211003160057j:plain

うちにはフードプロセッサーがないので

小さめのミキサーで作ります。

松の実はそのままでもいいですし、

軽くフライパンで炒ってる人もいるみたいです。

 

f:id:twistinhaurin:20211003134738j:plain

粉チーズが一般的ですが、ピザ用チーズでやっちゃいます。

 

f:id:twistinhaurin:20211003160100j:plain

バジルをどんどん投入して行きます。

 

f:id:twistinhaurin:20211003134741j:plain

塩気を加え、

オリーブオイルを入れる事でつまらずに粉砕する事が出来ます。

こんな感じで・・・

f:id:twistinhaurin:20211003160318j:plain

簡単にジェノペーゼソースが出来上がりました。

保存する場合、オリーブオイルの層で覆いガラス容器に入れておくと良いかと思います。

 

f:id:twistinhaurin:20211003160315j:plain

私の場合、収穫したバジルの量によって、

段々目分量になってきてしまいチーズが多すぎたりする事がありますが

みなさん美味しく作って下さい(*^^*)

 

f:id:twistinhaurin:20211003161020j:plain

やっぱりパスタにするか、

ハード系のパンに合わせるのが美味しいですね。

 

11月位までちゃんと水やりなどをしていれば収穫できるみたいなので、

それまでは、ジェノペーゼソースやサラダに合わせて、

冬場は保存しておいたドライバジルで楽しみたいと思います。

適当な作り方ですいません(^_^;)

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

www.haurin-zatunenlife.com