ハウリンの雑念だらけで生きている

雑念と戦いつつゆるゆると気になる事を書くブログ

SEOに強いAIライティングの「Transcope」は初心者でも使いやすかった


スポンサーリンク

AIライティング「Transcope」紹介アイキャッチ画像

最近話題のAIライティング。

ChatGPTがテレビなどで取り上げられていますね。

筆者はブログをやってますが仕事ではないので今のところ必要性は感じていませんが、今回多数あるAIライティングツールの中からSEOにも強いAIライティングサービス「Transcope」を使ってみました。

こちらは多くのメディアで取り上げられているシェア買いサービス「シェアモル」を運営しているシェアモル株式会社が提供しています。

初心者でも使いやすいのか?

期待している様な文章などを作成してくれるのか?

など気になる所を少し試してみます。

 

 

「Transcope」とは

・入力したキーワードや上位表示されているコンテンツをベースに、AIがSEOに強い文章を自動作成。10倍売れる魔法のライティング。

・話題のChatGPTを開発したOpenAIの最新APIであるGPT-4を使用。

・AIにまかせてドキュメント作成機能で、文章を生成する時間を待つ必要なし。

・テキストだけでなく、URLや画像ファイルなど様々な入力形式に対応可能。

 

ChatGPT

・Generative Pre-trained Transformerの略語。

・OpenAI社が公開した大規模な自然言語処理のためのニューラルネットワークのチャットポットで、自然な対話からユーザーが求める文章を生成できるほか、複雑な質問にも素早く反応できる。

OpenAI

・2015年12月に設立されたアメリカの団体で、AIの研究と実用可能なAIの提供を目的としている。

・TeslaのCEOのイーロン・マスクやアメリカのスタートアップ投資家のサム・アルトマンらのビジネス系著名人が設立したことで注目を集めている。

GPT-4

・ChatGPTで使われているAPIであるGPT-3.5の後継機。

・GPT-3では数は少ないものの不自然な表現があったが、GPT-4による出力においては不自然な表現は見当たらず回答の品質が良くなっている。

 

「Transcope」の主な機能

・キーワードやURLからコンテンツを生成

・画像ファイルからコンテンツ生成

・CSVからコンテンツ生成

・競合分析を基にしたAIライティング

・見出し構成から長文をAIライティング

・生成されたコンテンツのAIリライト

・サジェストで利用されているキーワードを提案

・生成されたコンテンツのブックマーク

・手入力されて文章の自動誤字脱字チェック

・生成されたコンテンツの各種チェック機能

・貴社サイトのGoogle検索順位調査

・画像上の不要な文字などを削除可能

 

「Transcope」料金プラン

Transcope料金プラン

Freeだと月に4000文字しか生成できないし一部機能制限などがあるので、仕事などで頻繁に使いたい人はやはりProを使うのが良さそうですね。

最短契約期間は1ヶ月で、月払いの契約になります。

例えば1月15日に有料版に申込んだら初月は2月14日までの契約になり、毎月15日の自動更新になります。

ちょっと、個人が使うには金額が高いですね。

公募⇨審査があるみたいですが、中小企業は最大50%の補助金が出るみたいです。

補助金の申請は年に数回実施されます。

 

「Transcope」を無料で始めてみる

1、Transcopeサイトを開く⇩

transcope.io

 

2、「今すぐ無料で始める」をクリック。

Transcopeトップ画面

 

3、メールアドレスを入力するかGoogleでサインインする。

Transcope登録画面

 

4、入力したアドレスにメールが届くので「ログイン」をクリック。

Transcope登録画面

 

5、これで「Transcope」が使える様になりました。

Transcope画面

 

「Transcope」の各機能

簡単にザッと内容を見てみます。

コンテンツ生成

・キャッチコピーや1000文字未満の文章の生成に最適。1000文字以上の文章の生成はドキュメント機能が適している。

 

フリーテキスト

・キーワードや文章からキャッチコピーや別の文章を生成できる。

 

早速ですが「フリーテキスト」でみんなが知りたいであろうキーワードを入れて文章を300文字で作ってもらいました。

「SEOに強いブログの文章。Google検索で上位に表示されるにはどうすればいいのか。効率的な文章の作り方を知りたい。」

こんな簡単な感じで作成したのが下の文章です。

2通り作成しました。

 

SEOに強いブログの文章を作成するためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。

まず、キーワードを適切に選定し、そのキーワードを文章の中に自然に織り込むことが大切です。特に、見出しや冒頭部分にキーワードを含めると効果的です。

次に、記事の構成を考える際には、読者が求める情報をわかりやすく整理し、一貫性のある文章にすることが望ましいです。そのために、段落や箇条書きを活用し、読み手にとって分かりやすい構成にまとめましょう。

また、リンクの活用もSEOに対して非常に有効です。関連記事や外部リンクを適切に挿入することで、サイト全体の評価が上がり、検索順位にも影響が出ることがあります。

さらに、定期的な更新が重要です。古い情報を更新することでリピーターが増え、評価が上がります。最後に、独自性と付加価値を持ったコンテンツを提供し、読者の満足度を向上させることを意識しながら記事作成に取り組むと、効率的な文章の作り方が身につくでしょう。

 

もう1つが・・・

 

SEOに強いブログを作成するためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。まず、キーワードを適切に選定し、タイトルや見出し、本文に散りばめることで、Google検索の上位に表示されやすくなります。その際、キーワードの過剰使用は避け、自然な文章にすることが重要です。

また、記事の構成も大切で、見出しを使用して内容を分かりやすく整理し、読者にとって有益な情報を提供していくことが求められます。適切な内部リンクや外部リンクを設定し、情報の信頼性を高めましょう。

さらに、スマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスでの閲覧に対応したレスポンシブデザインを採用することで、ユーザービリティの向上が期待できます。

効率的な文章の作り方としては、短い文を心掛け、冗長な表現を避け、情報を簡潔に伝えることが大切です。また、画像や動画などの視覚的なコンテンツを活用することで、読者の興味を引きつけることができます。

以上のポイントを押さえつつ、読者のニーズに寄り添った記事作成を心掛けることが、SEOに強いブログを実現する鍵となります。

 

簡単なワードだけで、かなりちゃんとした文章を提案して貰えました。

かなり使えそうです。

 

フリーテキストでは他に下の方法で生成する事が出来るよ

URL

・入力したURLに記載の情報に基づき、キャッチコピーや文章を生成できる。

画像

・画像ファイルをアップロードしたり画像のURLを入力して、画像に書かれている文字情報をOCRで読み取って文章を生成することができる。

Google

・キーワードを入力するとGoogleの検索結果をベースに文章を生成できる。最新の情報を基にした文章を生成したい場合この機能を利用すると便利。

CSV

・CSVに鬼才の複数の情報に対してコンテンツを一括で生成できる。

 

ドキュメント

・生地やブログなどの1000文字未満の文章の生成に最適。1000文字未満の文章の生成はコンテンツ生成機能が適している。

ドキュメントを使ってみる

STEP1:キーワードを入れ分析が完了すると自動的にオススメのタイトルや見出しが反映されます。

※他に、「利用ワード」「流入ワード」「見出し」「質問」など見れます。

STEP2:各見出しの「文章に付いて指示する」をクリックすると指定した見出しと類似の記事を基に文章を書く様に指示できる。

待つ事無く文章を何パターンか作成出来ました。

 

各機能は他にブックマーク、検索順位、画像加工が使えます

ブックマーク

・生成されたコンテンツの中からお気に入りのコンテンツをブックマークに登録して後から見返す事ができる。

 

検索順位

・作成したページの検索キーワードごとのGoogleでの検索順位を調べる事ができる。

 

画像加工

・画像内の不要な文字やオブジェクトを簡単に削除できる。

 

あとがき

今回少し試してみたのですが、簡単にこんな感じの文章を作って欲しいと入れただけで期待以上にちゃんとした文章が生成できていてビックリしました。

少し手直しする位で大丈夫な位です。

ただ無料版では使える範囲が限られるし、4000文字では足らなくなりそうなので有料版をお勧めしたいのですが個人が使うにはちょっと高いです。

仕事でかなり使う方には使えそうなので、会社などで取り入れてくれるといいかもしれないですね。

これだけの文章があっという間に生成できてしまうので、いろいろ問題は出てくるかと思います。

ある程度は自分で考える力も必要かもしれない・・・とも思いますが、上手く活用していけたら楽しく使っていけそうですね。

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

このブログが少しでも役立てば嬉しいです。

shpn.me