ハウリンの雑念だらけで生きている

がん闘病中。リンパ腫です。日々雑念と戦ってます。ゆるゆると書いていきます。

春・初夏に聴きたい【ピチカート・ファイブ】の「ベイビー・ポータブル・ロック」「スウィート・ソウル・レビュー」


スポンサーリンク

PIZZICATO FIVE紹介アイキャッチ画像

桜が咲き始め、ウキウキしてくる春。

緑が一気に増え始める新緑の頃。

そんな春・初夏の動き出したくなる頃に聴きたくなる曲を紹介します。

 PIZZICATO FIVE

「ベイビー・ポータブル・ロック」

「スウィート・ソウル・レビュー」

 

女の子が好きそうな曲ですが

老若男女に聴いて欲しい。 

とにかくウキウキして外に飛び出して行きたくなります(*^^*) 

 

 

18秒後に曲始まります(^_^;) 

www.youtube.com

 

25秒後位から曲始まります(^_^;)

www.youtube.com

 

 PIZZICATO FIVEとは?

★1984年、小西康陽、高浪敬太郎、鴨宮涼、佐々木麻美子がオリジナルメンバーで結成(ドラムの宮田繁男もメンバーの予定だった)

★1988年、田島貴夫がオリジナル・ラブの活動と並行してピチカート・ファイブに参加。

★1990年、田島貴夫がピチカートから卒業し野宮真貴が加入。

★2001年、3月解散。

★「渋谷系」「オシャレ系」代表の様な存在。

★3代目ボーカル野宮真貴のファッションも注目で評価が高かった。

★最近では「東京は夜の七時」が2016年リオオリンピック パラリンピック閉会式で東京オリンピックのプレゼンテーションBGMで「東京は夜の七時〜リオは朝の七時〜」として使われた。

 

f:id:twistinhaurin:20210403150138p:plain

ベイビー・ポータブル・ロック

1996年3月20日に出た10枚目シングル。

日産自動車「ミストラル」のCMソングにもなってました。

 

f:id:twistinhaurin:20210403150134p:plain
スウィート・ソウル・レビュー

1993年4月7日にリリースされた4作目シングル。

カネボウ化粧品「REVUE」のCMソングに使われてました。

打ち合わせで「レビュー」と「頬ずり」を入れて欲しいと言われた途端

メロディーを思いついたそうです🎶

アルバム「BOSSA NOVA 2001」収録されてます。

 

どちらの曲も

もの凄くかわいらしくて

今聴いても古臭くなく、

かなり新鮮なんじゃないでしょうか?

8㎝シングルなのも懐かしい! 

 

野宮真貴さんなんですが

今もオシャレ姉さん健在です✨✨✨

1991年から2001年までの代表曲が入ったアルバムお勧めですよ。 

 

気に入った曲だけダウンロードはこちらから⇩

 

pizzicato five(ピチカート・ファイヴ)|THE BAND OF 20TH CENTURY:Nippon Columbia Years 1991-2001|日本コロムビア

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。