ハウリンの雑念だらけで生きている

ゆるゆると書いていきます

1990年代の重要バンド【SPIRAL LIFE】車谷浩司と石田小吉による音楽ユニット。

        f:id:twistinhaurin:20200107163204j:plain

はじめに

元「BAKU」の車谷浩司と石田小吉による音楽ユニット。

1993年のデビュー時バンドサウンドとエレクトロニックさに1990年代の音楽にかなり影響を与えていったかと思います。

初めて聴いた時は新鮮で今までにない楽曲に、うおぉ!となりました。今改めて聴くと1stアルバムの一曲LIFE IS SPIRALとか、このやろう!という位若い勢いと可愛いらしい感じがします。

活動期間は3年位しかなくアルバムも3枚しか出てません。

3年間でこんなに変わるのかと「GARDEN」から始まる3rdアルバムを聴くと思います。グランジ感も増しオルタナサウンドになって行きました。

1990年代前半をあっ!と言う間に駆け抜けていった感じです。

 

BIOGRAPHY 

1992年、車谷と石田が共通の友人を介して知り合う。

1993年、ポリスターレコードから1stアルバムFurther Along、シングルAnother Day,Another Nightでデビュー。

1994年、2ndアルバムでバンドサウンド、歌詞に深みが増し90年代を象徴とするサウンドとなる。

1995年、ラストアルバム発表までに7枚のシングル、3枚のアルバム発表。

1996年3月23日の横浜アリーナでのライブを最後に活動休止。

この頃にはかなりブレイク寸前と言われる位人気があったのですが、次第に2人の音楽性が違う方向へ向いていった様でバンドは終わりを迎えました。

車谷浩司は「AIR」でソロ活動へ、石田小吉は「Scudelia Electro」 を結成していきます。

 

DISCOGRAPHY

シングル

1993年 「Another Day,Another Night」

     「Game overー魅惑のモンキーマジック」

1994年 「20th Century Flightー光の彼方にー」

     「(Don't Tell Me Now) Please Please Mr,Sky」

     「DREAM ALL DAY/DUB WHITE」

1995年 「MAYBE TRUE」

     「GARDEN」 

アルバム

1993年 「Further Along」

1994年 「Spiral move TELEGENIC 2」

1995年 「FLOURISH」

ミニアルバム

1994年 「FREAKS OF GO GO SPECTATORS」

 

あとがき 

当時、渋谷系と言われるのを本人たちは嫌がっていた様です。

あらためて作品が世の中にこんだけしか出ていなかった事にビックリ。

 

あの当時にこの曲を聴けてたとは・・・

イントロがカッコ良過ぎて血が騒ぎます。

www.youtube.com

他にも好きな曲だらけですが、1994年に出たミニルバムFREAKS OF GO GO SPECTATORSに収録されているWhy don't you come with me?はタワーレコードCMソングになっていて、今聴いても色褪せる事なくPVもカッコいいです。

www.youtube.com