ハウリンの雑念だらけで生きている

はてなカスタマイズや旅行記、好きな事(サブカル)などを書いていきたいです。ゆるゆると書いていきます。

2005年にバンコクから陸路カンボジアへ行った思い出【プノン・バケン】


スポンサーリンク

f:id:twistinhaurin:20210216153751p:plain

こんにちは、ハウリンです。

陸路で国境を越えるのは

旅行慣れしていないと、なかなかハードルが高いのですが

ツアーだと簡単に越えれます。

ちゃんとしたツアー会社だと安心かと思います。

 

今回は2005年に、

フリーペーパーに載ってたよく分からないツアー会社から格安で

バンコクから陸路シェムリアップ(カンボジア)に行った時の思い出です。

 

 

 

集合場所は何処かのホテル前で、

大型バスに乗り込んだと思います。

このツアーには日帰りビザ延長ツアーの人達も一緒でした。

タイのビザは3か月間しかないので

一旦カンボジアに出てすぐ戻れば

また3か月間タイにいられる便利なツアーです。

 

一路国境の町アランヤプラテート(タイ)へ向かいます。

少し離れた所で降り出国審査へ向かいます。 

f:id:twistinhaurin:20210216154511j:plain

 

見えてきました。

多分今は、出国審査場はちゃんとした建物になっているのでは?と思いますが、

何だか訳が分からないまま、みんなが行く方について行って

知らない間にカンボジア側に入国出来た気がします。

f:id:twistinhaurin:20210216154515j:plain

白人の旅行者がもめていたのを覚えています。

 

ポイペト(カンボジア)に入国。

門を通っただけなのにがらりと雰囲気が変わりました。

一気に雑多な感じ。

ここでカンボジア側の案内の人と落ち合います。 

f:id:twistinhaurin:20210216154519j:plain

上手い具合に案内の人に合えたのはいいんですが、

近くのホテルのロビーに案内され1時間半近く放置をくらい

ツアー会社に電話したら通じたので、ビックリ!

どうなってるんだ!?と

聞いたらシェムリアップまで行ってくれる

タクシーを探しているとか!

今探してるんかい!とツッコミますよね。

それから30分後位にようやく迎えに来てくれて

車がある所までバイク1台に、運転手と私と友達と荷物を載せ向かいました

(;'∀')

 

タクシー?の場所までたどり着くと

1台のボロボロの車が🚗

フロントガラスに大きなヒビ入ってます(;'∀')

そして同乗者がいるじゃないですか。

その同乗者は日本人の女の子とカンボジア人のカップル。

何だか楽しそうなので

車にギュウギュウに乗り込んで一路シェムリアップへ!

 

どこまでも続く赤土のデコボコ道を

頭ぶつけそうになりながら向かいました。

カップルとは途中の村でお別れ。

写真撮っておけば良かった!

バタバタで乗り込んだのですっかり撮るの忘れてたんですね。

f:id:twistinhaurin:20210217171328j:plain

 

2時間も時間をロスしたせいで

ツアー工程がおかしくなり

先に夕陽がキレイな所に向かう事に。 

場所はプノン・バケン寺院

丘の上にあります。

 

プノン・バケン寺院とは

・バケン山の上に建つヒンドゥー教寺院。

・アンコール遺跡の1つで世界遺産に登録されている。

・360°見渡せるので、市街地をはじめ東にアンコール・ワット、西にトンレサップ湖が見える。

夕陽がキレイな事で有名。 

 

ここを登るのかー!と思いましたが

かなりの人が登っていて私も気合入れて登りました。

f:id:twistinhaurin:20210216154523j:plain

 

登ると遺跡らしき物が。

夕陽が!

f:id:twistinhaurin:20210216154527j:plain

 

 さらに遺跡の上に登って夕陽を見れます。

f:id:twistinhaurin:20210216154530j:plain

 

横を見ると象が待機してます🐘

麓から象に乗って登ってこれるみたいでした。

もちろん有料。

なかなか経験出来ない事なので象に乗れば良かった!

と、後になって思いましたが

動物愛護団体からの批判があり、今では禁止?の様です。

f:id:twistinhaurin:20210216154534j:plain

 

遺跡の上からの景色。

ジャングルが広がっています。 

f:id:twistinhaurin:20210216154538j:plain

 

こんな所に遺跡がある不思議。

f:id:twistinhaurin:20210216154542j:plain

 

振り返ると、

暮れていく夕陽。 

f:id:twistinhaurin:20210216154546j:plain

 

少し雲が出ていますがキレイです。

f:id:twistinhaurin:20210216154550j:plain

 

少しずつ暗くなっていきます・・・

f:id:twistinhaurin:20210216154554j:plain

暗くなってから降りるのは危険と思い、

夕陽が沈みきる少し前に下山しました。

 

プノン・バケン寺院の場所

アンコール・ワットから近い!

 

この日はシェムリアップ市内のホテルに泊まったんですが、

部屋のドアののぞき穴壊れていて紙を詰めてあるだけ・・・

誰でも覗けるよ!

部屋の机の引き出し開けたら

銃を持ち込まないでの紙が・・・

持ち込む人いるの!?(;'∀')

・・・

ホテル周辺も夜は灯りも少なく怪しげ。

そんな中、友達(女)が外へぶらつきに出て行き

大丈夫かなと思ってたら

すぐ戻ってきて、怪しい男の人がウロウロしてる・・・

と、いう事で私達は深く考える事をやめ寝たのでしたzzz

 

f:id:twistinhaurin:20210217171959j:plain
f:id:twistinhaurin:20210217171945j:plain
photo AC

 

シェムリアップ市内の地図 

 

この頃のシェムリアップ市内のホテルは

まだまだ高級ホテルは少なく

ホテル自体もこれからどんどん建てていきますという感じでした。

考えてみたら10年前位までまだ戦争してたんですよね・・・

今は、4つ星・5つ星ホテルが沢山あります。

そんなシェムリアップ、行けるならまた行きたいです。

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

次回、アンコール・トムタプロームへ続きます。 

www.haurin-zatunenlife.com