ハウリンの雑念だらけで生きている

がん闘病中。リンパ腫です。日々雑念と戦ってます。ゆるゆると書いていきます。

抗がん剤治療の前や治療中に準備しておくと良い事まとめ


スポンサーリンク

こんにちは、ハウリンです。

リンパ腫になり抗がん剤治療をやりました。

何も調べないまま入院を3回、残りは通院で治療を受けたのですが、

もっとちゃんと事前準備をしておけば少しは快適に過ごせたのにと思う事があります。

私がこうしておけば良かったという事なので、他の方に合うか分かりませんし、

治療のやり方にもよると思いますが、何か参考にして頂ければ嬉しいです。

 

 

治療前にやっておくと良い事

髪の毛を短くしておく

私はセミロングのまま治療を開始しました。

人それぞれですが、抗がん剤投与後だいだい2週間前後で抜けてくるそうです。

髪を洗えばゴッソリ抜けるし、乾かす時ですら抜けまくる。

寝れば枕につきまくる・・・

少しでも掃除に手間がかからない様に髪を短くしましょう。

男性ならもう坊主でも良いかと思いますが、そもそも短めなので大丈夫かと。

女性はさすがにベリーショートは厳しかったりする方が多いと思います。

ボブ位にしておくと良いかと思います。

そもそも、あまりに短くし過ぎると逆についた髪の毛を取りづらくなるという意見もあります。

 

綿の帽子を用意する

起きてる時間被ってても良いですし、

髪が抜け出すと朝起きると枕に抜け毛がついて取るのが大変なので、

被って寝ればかなり守られます。

 

淡い色のタオル

髪を洗って乾かす時タオルにかなり髪の毛がつきます。

濃い色のタオルだと同化して取り切れず洗濯してしまう事に。

淡い色の物なら一目瞭然ひっついた髪の毛を取りやすいですよ。

 

ウィッグを用意しておく

まだ髪がある状態の時にちょうど良くても

髪が抜けてから被るとゆるゆるになってしまうかもしれないので

調整気をつけて下さい。

また、ウィッグを洗って乾かしたりしている間被るモノが必要になるので、

もう1個同じモノを買っておくといいと思います。

といっても、自分に合っているか分からないので、

まず1つ買ってそれで良かったら2個目を・・・という感じで良いかと思います。

 

ウィッグの下に被るアンダーキャップ

頭皮に直接ウィッグを被るのはお勧めしません。

頭皮を守る為にもアンダーキャップを被ってからの方が良いです。

頭皮に優しい敏感肌用のモノも売ってますし、夏用のモノもあります。

 

爪の色を隠す

抗がん剤の影響で爪にいろいろな変化が出ます。

爪の色がどす黒くなったり、ボロボロになってしまう人も。

爪の色の変化が気になる人はカラーネイルを準備しておきましょう。

ベースコートに色素沈着を防ぐ効果のある物を塗ってからが良さそう。

保湿しながらネイルオフ出来る商品もあります。

 

 

爪が割れやすくなったなどの人は、保護オイルとか普段から使うと良さそうですよ。

もう割れて大変!な場合は爪テープや保護キャップなど売ってます。

 

ネット動画

YouTubeでもいろいろ見れるのであえて他に契約しなくても良いですが、

Amazon プライムなど見れる様にしておけば暇な入院中の助けになります。

 

 

抗がん剤治療の日の前後

抗がん剤治療の日の食事

食事は控えめにする。

胃の中に溜め込み過ぎると気持ち悪くなってきた時辛いですし、胃の中にあまり無い方が吐く時楽です。

そして、水分はこまめに取る。

出来れば水とかスポーツドリンク(OS-1とか)がお勧め。

食べた後はすぐ横にならず、少し体を起こしておくのも良いかと思います。

 

治療後の数日間に備える

抗がん剤治療をした後数日間あまり食べられない期間があったりします。

入院中だったら希望食に出来たらして、

食べられそうな物、消化が良さそうな物を選ぶ。

通院だったら、事前にお粥とか桃缶とか果物とかを多めに買っておく事をお勧めします。

 

あとがき

ザッと書き出してみました。

いろいろな症状が出てくるので参考にならない事もあるかと思いますが、

辛い副作用が少しでも治まれば嬉しいですし、

入院生活も快適に過ごしてもらいたいです。

 

現在、私はPET検査の結果がんの気配はなくなりましたが、白血球がまだ低い状態で感染症にかからない様に気をつけてます。

最初の診察からけっこう長期戦になっているので、ストレス発散も大事だなと思ってます。

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。 

このブログが少しでも役立てば嬉しいです。