ハウリンの雑念だらけで生きている

はてなカスタマイズや旅行記、好きな事(サブカル)などを書いていきたいです。ゆるゆると書いていきます。

【くるり】の【HOW TO GO】を聴いて夏のムシムシとした暑さと何とも言えないあの日々を思い出す


スポンサーリンク

f:id:twistinhaurin:20210819120828j:plain

今年も猛暑が続いてますね。

夏になると思い出す曲は沢山あります。

特にムシッとした夏の午後、

何か無気力で日差しだけが眩しく、汗が額を流れ落ちる・・・

そんな時に思い出すくるりの曲があります。

 

2003年9月にリリースされた11枚目のシングル、

「HOW TO GO」

名曲です。

くるりの曲の中でもこの曲が好き!

この曲が入ってるアルバムが1番好きというファンは多いかと思います。

 

 

 

今ではNHKでも曲が使われ、

岸田氏は京都精華大学の特任教授をし、

クラシックの曲まで手掛ける様になったくるりですが、

この頃のさえない感じ(今でもそうですが・・・)

歪んだギター

重厚なサウンド

最高です。

 

個人的にMVよりライブ映像の方が好きです。  

バンドくるりを感じられます。

岸田氏曰く「ロックでこのぐらい遅い曲も珍しいのではないか」という曲です。

www.youtube.com

4人でのくるり、良かったですねー。(森君がいた3人態勢も最高)

HOW TO GO はクリストファーの重厚なドラムあっての曲かもしれません。

1年も在籍していなかったのが残念。

余談ですが、クリストファーは学ラン着て夜の街を徘徊して岸田さんも何度か付き合わされたとか。

 

初回盤はデジパック仕様で、くるりの地元京都にちなんだステッカーが封入されている。 

 

「HOW TO GO」 メンバー

岸田繁(ボーカル・ギター)

佐藤征史(ギター)

大村達身(ギター)ロックコミューン先輩

クリストファ・マグワイヤ(ドラム) 

シングル「HOW TO GO」(Original) ではドラムをクリフ・アーモンドが担当しています。

 

くるりとは

★現メンバーは岸田繁佐藤征史

★1996年に立命館大学の音楽サークル「ロックコミューン」に所属していた岸田繁、佐藤征史、森信行の3人で結成。

★ メンバーは入れ替わりが結構あり、森信行、大村達身、、クリストファー・マグワイヤ、田中佑司、吉田省念、ファンファンが在籍していました。

★デビューシングル「東京」から話題を呼び様々なフェスに出演。

★CMソングや映画主題歌に使われる事も多く、HNKのファミリーヒストリーに起用されている「Remember me」は聴いた事ある人が多いかと思います。(この曲はHNKに限らずいろんな所で聴きますね)

★岸田繁は現在バンドの他、京都精華大学の特任教授もしています。

 

MVはクリストファー以外の3人が出ていて、

倍速で動く後ろの人々と、普通の速さのメンバーが同じ空間にいます。

www.youtube.com

 

初期の頃のストレートなバンドサウンドなアルバム。

ジャケットは浅草の仲見世界隈の写真だとか。

 

くるりの曲は名曲が多いです。

「HOW TOWGO」は2004年に発売されたAlbum「アンテナ」に入っていますが、

今聴いても全然色褪せていません。

むしろ、今だから心に響く様な。

私は「アンテナ」以降少しくるりから離れてしまったのですが、

やはりまた戻ってきてしまいました。

「HOW TO GO」の様なサウンドまた披露して欲しいなぁと思います。

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

いつもありがとうございます。