ハウリンの雑念だらけで生きている

どうでもいい事を書いていきます。

三叉神経痛から造影剤の検査入院にいたるまで。脳の血管にこぶらしき物発覚!

f:id:twistinhaurin:20200320170646j:plain

造影剤までのいきさつ

前回、三叉神経痛の診察後に様子をみる事になり2日後、仕事をしていたら脳神経内科の先生からTELが!

その後、画像を見ていたらやっぱり気になる事があるのでもう1度来院して下さいとの事。

Σ(´∀`;)

うそやん・・・

手術しなアカン何かが映ってたのか!?とビビリながらまた病院へ。

先生いわく、コブらしき物が映っている様な気がすると。

という事で、脳神経内科から脳神経外科へ。

うぅぅ、何回病院通わなアカンのよ。(´Д⊂ヽ)

そして前回に続き、またしてもMRI。

どんだけーー。(3回目)

長い待ち時間の後結果を聞くと・・・

やはり3ミリコブが有るとの事。

でも先生が言うにはこれ位では手術する程ではない。

普通5ミリ以上の大きさになったら手術になるとか。

それよりもコブに雪だるまみたいにもう1個コブらしき物があるのが気になると言う。

造影剤で確認してみてもいいけどどうする?と(やってもやらなくても良い風)(*_*)

「先生の家族にこの症状があったらやりますか??」

と聞いてみたら「やるかな」と言うので「じゃあやります!」と造影剤の検査入院決定!!

f:id:twistinhaurin:20200320170819j:plain

造影剤の検査入院

1週間後検査入院へ。

とりあえずやる事なく待っていると、看護師さんがやってきて点滴の準備。

オーマイガー

どうやら新人らしく針を刺すのがヘタ!

2回ほど刺し直し看かねた先輩看護師さんが刺し直してくれました。

そうこの新人さんが私の担当だったのです。

点滴のあとは検査後動けなくなるので、尿に管を入れる作業。

女子なら分かるだろう、脱毛の時はく紙のパンツを渡される。

どう見ても大きい様な?

このサイズなんですか?と聞く私の問いもむなしく新人さんはアタフタ。(+_+)

もう何でもいいわ!と仙人の様な気持ちで処置され、呼ばれるまでステイ。

f:id:twistinhaurin:20200303111257j:plain 

いざ造影剤検査へ 

やっとお呼びがかかり2Fの病室から1Fの検査室へ移動となったけど歩き。

尿に管入ってるよ!

「これ歩いて行くもんなんですか?」という私の問いは、またもむなしく片手に尿の袋(汚くてすいません)、そして片手は下がってくるパンツを上げながら!の移動www

ようやく検査室に入り検査台へ。

部分麻酔という事で、足の付け根から脳にカテーテル通すのにどんな感じかなと思ったんですが、痛いとかの苦痛は全く何にも感じない。

むしろ部屋の温度も暖かかったのもありますが、体ポカポカ何となくウトウトと気持ちがいい位。

先生方の話しもちゃんと聞こえました。

カテーテルを抜いた後、10分間先生がガッと手で傷口を押さえ続けて止血して終わり。

さすがに病室までは車いすでした┐(´д`)┌

f:id:twistinhaurin:20200320170659j:plain 

術後

病室へとやっと戻ったのもつかの間、3時間はなるべく動かない様に言われ力も入れない様にと言われる。

力入れたら傷口がガバッと開いちゃうからと言われたら、ビビリな私は忠実に動きません。

もう夜だったのでこのまま寝ればいいんですが、傷口が・・・と思ったらなかなか熟睡出来ませんでした。

朝は病院食を食べ昼前には退院。

家でも1週間くらい下半身に力入れる様な動作しない様にとの事。

傷口は何処に穴開いてたかな?という位綺麗になくなりました。

結果も全然緊急性はなく経過観察ですんで激烈ほっとしました。

f:id:twistinhaurin:20200320173833j:plain 

後から思う事

検査自体は何て事なかったですが、前後(尿に管と動けない事)が大変だったのと、三叉神経痛になったからMRIやる事になってコブが見つかったので考え深いです。

MRIなんて何もなかったら撮る事ないですからね。

このまま知らずにいたら何年か後に倒れてたかもしれないです。

物事はなるべくしてなるのだよ・・・

なんて(〃´∪`〃)ゞ

あと、新人看護婦さんがんばれー