ハウリンの雑念だらけで生きている

はてなカスタマイズや旅行記、好きな事(サブカル)などを書いていきたいです。ゆるゆると書いていきます。

自然の中に溶け込む『岐阜県現代陶芸美術館』


スポンサーリンク

 

f:id:twistinhaurin:20210625230649j:plain

6月20日まで『岐阜県現代陶芸美術館』

「Human and Animal~土に吹き込まれた命」

という企画展が行われてました。

奈良美智さんの作品も展示されるとの事で行ってきました!

陶芸の現代美術館は珍しいかと思います。

 

 

 

岐阜県現代陶芸美術館

★世界でも有数の陶磁器の産地である岐阜県東濃地方で、文化と産業の復興の為に構想された複合施設「セラミックパークMINO」内に2002年オープン。

★国内外の陶芸文化や情報などを発信している。

★建築家は世界的に有名な磯崎新。

★建物のタイルやレンガは地元陶磁器製品を多数使用している。

 

駐車場の目の前に入口があります。

建物が見えなくて不思議な造り。

f:id:twistinhaurin:20210626112446j:plain

 

入口も自然に溶け込んでいる感じ。

f:id:twistinhaurin:20210626112449j:plain

 

「Human and Animal」

f:id:twistinhaurin:20210626112726j:plain
f:id:twistinhaurin:20210626112732j:plain

 

セラミックパークMINOの表示の横が入口です。

f:id:twistinhaurin:20210626112735j:plain

 

どこまでも続いているかの様な通路。

f:id:twistinhaurin:20210626112757j:plain

 

遠くまで山並みが続いています。

f:id:twistinhaurin:20210626112802j:plain

 

更に奥へ。

奥の光の先はどうなってるのか?

f:id:twistinhaurin:20210626112806j:plain

 

長い通路を抜けると・・・

眩しい!

山の谷間に建てられているんですね。

f:id:twistinhaurin:20210626113009j:plain

 

振り返ると。

f:id:twistinhaurin:20210626113017j:plain

 

通路の途中にも作品が飾られていました。

f:id:twistinhaurin:20210626112810j:plain

 

通路を出た所を左に進むと建物の入り口があり、

エスカレーターで下に降ります。

写真の奥の方が美術館の入口です。

f:id:twistinhaurin:20210626113428j:plain

 

ワクワクしてきます。

f:id:twistinhaurin:20210626113431j:plain

 

入って1番最初の作品のみ写真撮影OKでした。

ステファニー・クエール作

f:id:twistinhaurin:20210626113024j:plain

可愛いですね。

 

奈良さんの作品は1番最後の部屋にありました。 

作品はどれも興味深い物ばかりで

素晴らしかったです✨✨✨

触りたくなってしまいます(^_^;)

 

2013年のポスター

f:id:twistinhaurin:20210626113435j:plain

奈良さんは滋賀県などを定期的に訪れていて

陶芸作品作られているみたいです。

 

作品を堪能したので、

建物の上に行ってみます。

 

水辺に浮かぶ茶室。

f:id:twistinhaurin:20210626113247j:plain

f:id:twistinhaurin:20210626113255j:plain

 

水は階段状に流れていきます。

f:id:twistinhaurin:20210626113106j:plain


屋上に上がってみると

眩しい。。。
f:id:twistinhaurin:20210626113058j:plain

 

美術館の周りには遊歩道があります。

上の方に見えるのは展望台。

頑張って登ったらめちゃくちゃいい景色見れそうです。

f:id:twistinhaurin:20210626113259j:plain

 

でも大丈夫、

屋上からの景色も最高です。

f:id:twistinhaurin:20210626113331j:plain

 

振り返ると最初に入ってきた通路が(左の方)

f:id:twistinhaurin:20210626113338j:plain

 

下を見ると、見覚えのあるモザイク。

あの水の流れはここまで続いてたんですね。

f:id:twistinhaurin:20210626113013j:plain

 

また通路を戻ります。

f:id:twistinhaurin:20210626113020j:plain

f:id:twistinhaurin:20210626113342j:plain

 

奥は駐車場。

f:id:twistinhaurin:20210626113417j:plain

 

駐車場に戻りました。

駐車場は広いです。

f:id:twistinhaurin:20210626113421j:plain

 

美術館の目印。

f:id:twistinhaurin:20210626113424j:plain

 

開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)

休館日  月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)

観覧料  一般  340円(団体280円)

     大学生  220円(団体160円)

※特別展は別料金

※小・中・高校生はすべて観覧無料

住所  〒507-0801

    岐阜県多治見市東町4-2-5

TEL 0572-28-3100

岐阜県現代陶芸美術館

 

車でのアクセス

高速道路➡中央自動車道の多治見ICで降りるか

東海環状自動車道の土岐南多治見IC で降ります。

国道➡国道19号線「東町1」交差点から

 

電車でのアクセス

中央本線、多治見駅で降り、

多治見コミュニティバス・東鉄バス・タクシーで。

 

 

あとがき

岐阜県現代陶芸美術館は、

緑に囲まれていて気持ちのいい場所でした。

「Human and Animal」も見ごたえがあり

ファンになってしまった作家さんもあるので、そのうち紹介したいと思います。

ミュージアムショップで奈良さんのグッズなど売ってたのですが、

今回の陶器作品のグッズが少なくてちょっとガッカリでした。

陶器作品グッズ作って欲しいです。

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

興味のある作品、近くに行った際は寄ってみて下さい(*^^*)