ハウリンの雑念だらけで生きている

辛い抗がん剤を耐えがんは完治。日々雑念と戦ってますが日々を大切に生きたいです。ゆるゆると気になる事を書くブログである。

【はてなブログ】UAから【Google アナリティクス 4 (GA4)】に切替え設定する


スポンサーリンク

Google Analytics 4紹介アイキャッチ画像

久しぶりにGoogle アナリティクスを見てみると上の方に

Googleアナリティクス4に切替えを進めましょう・・・の文章が。

設定変更は面倒くさいし、はてなブログの方でも準備が出来ていないみたいだったのでまだ余裕があるからいいやとスルーしてたのですが、4月末にはてなブログ側のGA4追加の準備が出来てたみたいなので忘れる前にやっておくか・・・と重い腰をあげました。

 

2023年7月1日から今までのユニバーサリーアナリティクスが終了してしまいます。

まだまだ先の話なので急がなくても大丈夫ですが、すっかり忘れてた!とならない様に切替えておきましょう。

 

 

アナリティクスを開くと上の方に、

2023年7月1日より、ユニバーサルアナリティクスでは標準プロパティで新しいデータの処理ができなくなります。それまでにGoogle アナリティクス4プロパティに切り替えて設定を進めておきましょう。

と表示されています。

まだ余裕がありますが間際で慌てない様に今の内に切り替えておきましょう。

UA盤のデータは引き継がれないみたいので、今からGA4で収集しておくのも良さそうです。

 

アナリティクス4の特徴

ウェブとアプリをまたいだ計測ができる

・GA4に新しく追加された「データストリーム」には「iOS」「Android」「ウェブ」の3つがあり、ウェブとアプリをまたぐ様なユーザーの行動も同じユーザーとして認識する事が可能に。

 

機会学習による予測機能の取り入れ

・GA4では機械学習(AI)を取り入れ、ユーザーの今後の行動を予測する事でデータの価値を高める。

・ユーザーの今後の離脱・購入の可能性や予測収益を通知してくれます。

GA4予測指標

 

Cookieを使用しないデータ収集

・Cookieを使用しない測定、行動モデリング、コンバージョンモデリングなどのプライバシー管理機能を搭載

 

セッションベースのデータではなくイベントを使用

 

メディアプラットフォームとの直接統合によりアクションを推進

 

ちょっと難しくて分からなくなってきましたが(^^;)、イベント毎に見る事でページの読み込みやリンクのクリック、購入の完了などより詳細なデータが得られる様になるという事かと。

 

ユーザーが何処でもネットに接続出来る様になってきて、ユーザーの複雑な行動変化にユニバーサルアナリティクスの機能だけでは対処出来なくなってきたという事ですね。

 

 

Google アナリティクス4に切り替える

1、アナリティクスを開いて右上にある「開始」をクリック。

アナリティクス(UA)からGA4に切替え案内

 

設定(歯車マーク)⇨GA4設定アシスタントからでも出来ます。

アナリティクス(UA)の設定画面

 

2、新しい Google アナリティクス4 プロパティを作成するの「はじめに」をクリック。

アナリティクス(UA)からGA4に切替え設定画面

 

3、「プロパティを作成」をクリック。

アナリティクス(UA)からGA4に切替え設定画面

 

4、「GA4プロパティに移動」をクリック。

アナリティクス(UA)からGA4に切替え設定画面

 

5、GA4の画面に移りました。「タグの設定手順を確認」をクリック。

※左下の歯車マーク(管理)からでも出来ます。

アナリティクス(UA)からGA4に切替え設定画面

 

6、「データストリーム」または、赤い矢印の所をクリック。

アナリティクス(UA)からGA4に切替え設定画面

 

7、「ストリームを追加」⇨「ウェブ」をクリック。

アナリティクス(UA)からGA4に切替え設定画面

 

8、「はい」をクリック。

アナリティクス(UA)からGA4に切替え設定画面

 

9、自分の「ウェブサイトのURL」と「ストリーム名」を入れ、「ストリーム作成」をクリック。

アナリティクス(UA)からGA4に切替え設定画面

※「ストリーム名」には対象ウェブサイト名を入れます。

 

10、表示された「測定ID(G-数字)」をコピー。

アナリティクス4のストリームの詳細画面

 

はてなブログへ移動します!

 

11、「設定」⇨「詳細設定」⇨解析ツールの「Google アナリティクス4埋め込み」にコピーしておいた測定IDを貼り付けます。

はてなブログの詳細設定のGoogleアナリティクス4埋め込み画面

これで完了です!

 

Google アナリティクス4に戻ってデータストリームを見ると、、、

 

12、下の様に表示される様になりました。

アナリティクス4データストリーム画面

 

これでだいたい1日くらい経てばデータが表示される様になります。

※ユーザー数は表示されてました

アナリティクス4ホーム画面

 

いろいろなデータを活用する為の設定をする

GA4ではあらかじめディメンションが複数用意されていますが、はてなブログ側がブログの解析に便利な情報、「記事に設定した投稿日」や「記事を読み終わったタイミング」、「リンククリック」「ブログカードクリック」などのデータを得る為の設定を用意してくれたので作成します。

 

カスタムディメンションを作成

1の設定⇨「カスタムの定義」⇨「カスタムディメンションを作成」をクリック。

アナリティクス4のカスタムディメンション設定画面

 

下記の値を各1個ずつ作成します

  • link_domain
  • link_url
  • link_text
  • link_classes
  • link_id
  • outbound
  • track_area
  • track_component
  • percent_scrolled
  • post_date

 

2、「ディメンション名」と「イベントパラメータ」の両方に上の値を入れてカスタムディメンションを10個作成する。

アナリティクス4のカスタムディメンション設定画面

※「説明」には何の値か自分がわかりやすく入れて下さい。

 

全部入れ終わると下の様に表示されます。

アナリティクス4のカスタムディメンション画面

これで完了!

 

測定(データ)を確認する

1、「探索」⇨「探索」メニュー内の「+」をクリック。

Googleアナリティクス4のデータ探索の画面

 

2、「ディメンション」横の「+」をクリック。

Googleアナリティクス4のデータ探索の画面

 

3、「カスタム」⇨利用したいものにチェックを入れ、「インポート」をクリック。

Googleアナリティクス4のディメンションの選択画面

 

4、「指標」も横の「+」をクリックして、利用したい指標を選んで「インポート」する。

Googleアナリティクス4のデータ探索の画面

 

5、反映させる為に利用したいディメンションと指標を「タブの設定」内の「行」と「値」にドラッグ&ドロップさせる。

そうすると右にデータが表示されます。

Googleアナリティクス4のデータ探索の画面

指標をセッションから選んだり、link_text や link_id など組み合わせて表示させればよりわかりやすくなると思います。

 

作成したデータはデータ探索の最初の画面に表示されるので選んで確認して下さい。

Googleアナリティクス4のデータ探索の画面

 

赤枠をクリックすれば、作成したデータの名前を変更したり削除出来ます。

Googleアナリティクス4のデータ探索のディメンション変更画面

 

※データの保存期間は初期設定のままだと2ヶ月です。「管理」⇨「データ設定」⇨「データ保持」で14ヶ月に変更できます。

 

staff.hatenablog.com

 

ユニバーサルアナリティクスからGA4への切り替えは簡単でした。

かなり詳しい解析が出来る様になったので活用したいですね。

はてなブログに測定コードを入力する時、ダグマネージャーを使って管理される人もいるので試してみるのもいいかもしれません。

 

この後、Search Console との関連付けはどうなるんだろう?と確かめてみたのですが、

ちょっとややこしかったので(私だけかもしれません)また別で載せたいと思います。

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

このブログが少しでも役立てば嬉しいです。

www.haurin-zatunenlife.com

www.haurin-zatunenlife.com